多面的評価システム

最新号の『日経アドバンテージ』11月号が届いた。今月号の特集は「eラーニング」。
中堅中小企業のIT導入に関する情報や事例が豊富で、創刊号から愛読している雑誌だ。私たちの規模の会社でも検討できる、身の丈にあった情報が豊富で、本当に役立つ。
実は、この最新号でニューズ・ツー・ユーの人事評価システムが紹介されている。
タイトルは「成果主義時代の人事情報システム」。
この1コーナーで人材開発における目標管理や多面評価の事例として紹介されているのだ。
弊社では、独自の人事評価システムを開発、運用している。
自社のシステムでもっとも気に入っている点は、本人や周囲の評価を基準に査定をすることができる点だ。
すべてのスタッフと仕事を一緒にしているわけではないのに、査定を社長一人でするのはおかしい・・・。そういう矛盾を抱えながら経営していた頃に比べて、今は、周囲の意見も聞けるし、何よりも本人がどこに注力してきたかを本人の自己申告によって確認することができる。
少なくとも一人で考えるよりは、客観性が高くなっていると思っている。
スタッフからも、上司の評価だけに左右されない点は、広く評価されているようだ。
しかし、一方でさまざまな課題も抱えている。
2001年からスタートしたこのシステム、当時のスタッフが全員参加で評価項目を決めた、いわばお手製の評価システムだと思っていた。
しかし、当時からいるスタッフはさておき、新しく入ったスタッフには、この参加意識がないため、スキルシートとよばれる評価項目が曖昧であるという指摘をよくうける。
このスキルシートだが、毎年、役員が事業方針に従って項目の見直しをしている。つまり、スキルシートそのものも変化し、成長するしくみになっているのだ。数年にわたる見直しによって、毎年少しずつバージョンアップしている点は理解してほしいなぁ。
その他の課題として、中間管理職やマネジメントをアシストするようなスタッフを評価する基準が未整備である点があげられる。
このシステム自体はすでに完成しており、基本的には360度評価になっているのだが、現時点では、役員の評価スキームを導入していないのが現状だ。
理由は、まだまだ役員の仕事として何を期待しているか、何をもって評価するかという点が、私自身の中で定まらないからだ。本当は今年の課題として、この問題に取り組まなければならなかったのだが、残念ながら来期に持ち越しとなりそうだ。
スタッフの中には、自分よりキャリアやスキルが上の人を評価するのは難しいという人と、逆に上司の評価をしっかりしたい、という人に大きく分かれている。
この辺は個々人の性格にも拠るのだろう。
現在は一人一人の顔や性格を思い浮かべながら、自己評価欄を確認できるのだが、人数が増えていったときに、どうなるだろうか。担当の役員が、今の私と同じような形で評価をしてもらえるようなプラットフォームも今後必要になってくるだろう。
今回の記事を取材していただいた記者の方のお話しでは、どんなにお金をかけて導入した評価システムでも、全員が満足いくというものは存在していないという。
それを聞いて、少し気分が楽になった。
その時々の会社にあった仕組みを皆で考え、取り入れていく・・・。それが私たちらしさなんだと思うのだ。

メルマガにはまった!?

今年の3月に立ち上げた広報啓蒙サイト「こちらIT広報室」。
このサイトのそもそもの開設目的は広報を知ってもらうこと。なんで「IT」がついているかというと、初めて広報を始めるプラットフォームとしてインターネットを活用することを提案したかったからだ。
もともと弊社の提供している「オンライン広報サービス」の会員企業向けに約1年間運用していたホームページを一般向けに開放したものだから、コンテンツそのものはかなり充実している。大手企業の広報室の紹介から、トップ自らが広報に挑戦している中堅・ベンチャー企業の紹介。さらにメディアへの突撃取材などなど。広報担当者だけでなく、企業トップやマーケティング担当者にも役立つ内容になっているのではないかと自負している。
そのホームページへの集客ツールとして、このサイトの開設と同時にスタートしたのが、メールマガジン「週刊広報」だ。
毎週木曜日配信のこのメールマガジン、10月30日で第34号になる。木曜日配信のため、原稿は毎週水曜日に書くことにしている。
メールマガジンの構成は大きく3つ。
まず、広報やブランディング、それからITの簡単なTIPSを紹介する巻頭コラム。
それからその週に更新された「こちらIT広報室」のコーナーの紹介。
そして「デスクより」という編集後記だ。
このうちの巻頭コラムと編集後記が主に私の担当。「週刊広報」では「です、ます調」で書いているため、このBlogとはモードがちょっと違う(笑)
今日は、外出続きで、メルマガの原稿を書く時間がなかった。メルマガ原稿にすっかりはまってしまって、やっと完成。その後すぐにこのBlogを書き始めたものだから、なかなか調子が出ない(苦笑)。
さて、メールマガジンを発行するようになってからいろんな出会いがあった。
一番大きな出会いはメールマガジン「がんばれ社長!今日のポイント」を発行している武沢さんとの出会いだ。
メルマガ配信を開始した当初、メルマガに私の名前を入れていなかったら、「きちんと自分の顔を見せるべきだ」と、注意してくれたのが武沢さんだった。
そこでさっそく、メルマガの奥付に名前を掲載するようにした。
すると、それに気付いてくださってメールをいただいた。アドバイスだけでなく、ちゃんと毎号読んでくださっていることに感激していたら、今度は読者数2万4000人を越える彼のメルマガで、いきなり私のメルマガを紹介してくれたのだ。
このときは正直驚いた。創刊1ヶ月しか経っていない私のメルマガは、当時読者がやっと300人。ところが、武沢さんのメルマガで紹介されると同時に登録が増え、あっという間に800人に達してしまった。ほんとうに2日足らずで読者が倍以上に増えていったのには驚いた。
おかげさまで現在では約1000人の読者を持つメルマガ発行者だ。
読者をひきつけるのは、文章のうまさはもちろんだが、発行人である武沢さんの情熱溢れる内容があればこそだと思う。彼の推薦だからこそ、大勢の人が私のメルマガに登録してくれたわけだ。
この業界にいながら、ずっとバイラルマーケティングとかメールマーケティングってほんとう?なんて思っていた私だが、この体験で一通のメールの持つパワーを実感した。
武沢さんから誘われて、一緒に中国に行ったのが8月。
9月の二度目の訪中では、武沢さんはいきなり上海オフィス開設の契約をしていた!この行動力には本当に脱帽してしまう。(詳しくはこのBlogの9月19日〜24日をチェック!)
武沢さんは日本一の経営者向けメルマガ発行人では飽き足らず、今度はアジア一を狙うらしい。
さて、そんな武沢さんからのいただいたBlogの感想は「文章が長い!」(苦笑)。
せっかくのアドバイス、さっそく文章量を減らそうと試みたが、どうもうまくいかない。深夜に原稿を書いていると、止まらなくなってしまうようだ。
ごめんなさい>武沢さん
それでも今は、毎日感じたことを書き留めることを最優先にして、このBlogを続けてみようと思っている。

今が青春

取締役の藤澤さんとランチMTG。今日はオフィスが入居しているビルのB1にある通称「社食」こと「さくら水産」へ。このビルに入居している会社の人は、みんな、このお店を「社食」と呼んでいるらしい(笑)。
昨日登場した塩川さんが「お兄ちゃん」なら、藤澤さんはわが社の「お父さん」だ。彼は社内の最年長。彼の参加でスタッフの平均年齢が1歳UPした(笑)。
実際にデザイナーのナベッチのお父さんは藤澤さんと同じ年齢らしい。
藤澤さんがニューズ・ツー・ユーに合流したのは2002年の4月。
ちょうど1年と半年経ったことになる。お疲れ様です>藤澤さん!
50歳を越えての転職。
これについては、彼自身の決断はもちろんだが、ご家族のご理解がなければ実現しなかっただろう。二人の小さなお嬢さんを持つパパとしても、きっといろいろと悩んだと思う。
私のほうも、大きな会社にいた方が、ルールもまだできていないベンチャー企業に溶け込むことができるのだろうか、という不安もあった。
何よりも心配したのは、私自身が藤澤さんとどういう関係を作れるか、ということだった。
今、会社の外から見ている私と、実際に同じオフィスで机を並べたときの私。藤澤さんが期待しているだけの仕事をしているだろうか、後悔させない自分でいられるだろうか・・・そんな不安がしばらく続いた。
実は、私たちは同じ会社で働く前に、すでに一緒に失敗を体験していたのだ。
創業メンバーの中島くん、信ちゃん(榊枝)、そして私と藤澤さんは、藤澤さんの前職時代に、一緒のプロジェクトに取り組み、しかもそのプロジェクトを頓挫させてしまったことがあった。
当時は、今の会社を設立する予定もなく、もちろん中島くんと一緒に、そして、今また藤澤さんが参加するということは夢にも思っていなかった。
2001年のクリスマスイブ。
この日、中島くんと信ちゃんの二人は、藤澤さんを招待して3人だけで食事をしている。
そのときの話の内容については、いまだに教えてくれない(笑)。
藤澤さんがニューズ・ツー・ユーに参加することになったターニングポイントはここだと私は思っている。
さて、実際に仕事をしてみて驚いたのは藤澤さんの吸収力だ。
出会ったころは、パワーポイントも知らなかったのに(笑)、いまじゃオンラインマーケティングについて熱く語っている。これは、すごい! 家でかなり勉強しているらしい(笑)。
それに、彼はフットワークがとても軽い。
音楽業界時代の豊富なネットワークを生かして、いろんなところに連れて行ってくれる。これはネットワークの少ない私にとっては本当に有難かった。
以前は、会社の方向性や課題について創業時の役員3人(私、中島、榊枝)で、ほぼ毎週火曜日朝までミーティングをしていたものだった。
ところが、藤澤さんが参加したことで、一通り意見を交換したら、ある方向にまとまるようになってきた。3人じゃ朝まで決められないことが、こんなにスムーズに決まるのかと、まさに目から鱗!
うちぐらいの規模のベンチャー企業の場合、社長の考え=会社の考えになってしまう。それでも決断しなければならないため、どうしても自分の少ない経験をベースに考え、判断してしまっていた。
相談できる人が一人いるだけで、こんなに視点やアイデアが広がるとは思ってもいなかった!
私自身がこれから学ばなければならないのは、50代には50代の仕事の仕方があるということ。
私たちは、つい自分たちと同じ土俵で藤澤さんを考えてしまうことがある。
でも25歳の時の私と、今の私の仕事への関わり方が変わっているように、50代には50代の仕事のやり方があるんだと思う。
私自身が、自分の40代、50代をイメージできていないというありさまだ。きっと10年後、20年後をイメージしているスタッフも少ないのではないだろうか。
自分の親との年齢のほうが近い藤澤さんの参加で、人生観が広がったスタッフも多いと思う。
「今が青春みたいなものだね」
これはGAGAの藤村氏が、私に言った言葉だ。
がむしゃらにがんばっている私たちへの、エールの言葉だと思っている。
50歳を過ぎた藤澤さんも、間違いなく私と一緒に青春を楽しんでくれている。青春に年齢は関係ないなんて、20年前には思いもしなかった。
「今を楽しむ」ことのプロフェッショナルが身近にいる。
この人から学ぶことはまだまだ多い。

麻耶にて

最近、社外での対応におわれている「お兄ちゃん」こと執行役員の塩川さんと近くの喫茶店「麻耶」でランチMTG。
maya.bmp
この喫茶店、お嫁さんと義理のお父さんが二人で切り盛りしているオフィスのすぐ前にある小さな店だが、昔懐かしいスパゲティのナポリタンが味わえる。塩川さんは、ドライカレーがお気に入りらしい。
あ、こんなことを書くと堀江さんのBlogになってしまいそうなので、メニューについてはここまで(苦笑)。
ちなみに写真は社内報より拝借しました。
二人で、来期の制作部について意見交換をした。
育てるべき人材が育ってきているか、次のフェイズではどういう目標を設定するか・・・などなど。
でも、今日のMTGで話したかったのは、スタッフの育成のことだけではない。彼が、今自分が担当している新プロジェクトを楽しんでいるかどうかを聞きたかったのだ。
彼には、ニューズ・ツー・ユーと統合直前のカプスに参加してもらって以来、ずっと制作部を見てもらっている。もともと開発系の人なので、マネジメントは苦手だ・・・といっていたのを無理やりに頼み込んだ。事業統合前後の一番大変なポジションを精一杯努めてくれた彼の存在は日ごとに大きくなっている。
彼の魅力を上げるとしたら、次の三つだろう。
1:誠実さ
2:厳格さ
3:慎重さ(といったら怒るかなぁ・・・)
カプスに参加して間もない彼に、制作部を任せた最大の理由は慎重さにある。彼は、決して大風呂敷を広げない。また、私みたいにちょこちょこと根回しをしない。とてもフェアだ。それが裏目に出ることもあるが(苦笑)。
とにかく、自分にも他人にも厳しい。私にもいつも激しい突っ込みがくるが、その根底にあるのは誠実さだ。
そんな塩川さんが関わっている新プロジェクトは、今までのうちの会社(塩川さんが参加する前)なら全く対応できない内容のものだった。
でも、今は違う。彼の参加で会社の事業領域に大きな広がりが出てきている。
これまでは、コンテンツ制作中心だった制作部だが、彼が参加していっきに開発チームが育ってきた。実際、彼がスカウトしてきたスタッフも、システム系に強い人が多い。
一人の参加で、それまで分散していたリソースが集約され、新しいビジネスチャンスにつながる。制作部では、こういうダイナミックな経験というのは今までしたことがなかった。
私たちのルーツである制作部に対する私の思いは本当に強い。私をはじめ、古くからいるスタッフは、自分たちがこれまでやってきたことへの自負もある。
そういう中に、飛び込んで、新しい可能性を広げていくのは、並大抵のことではない。おまけに社長はわがままだ(笑)。
目の前にある楽しみをシェアすることは、誰とでもできる。でも、3年後の会社をイメージしながら、そのときのお互いのポジションや会社の様子を共有して、その形に近づけていく作業を一緒にできる人は少ない。そして、その過程を楽しむことは本当に難しいと思う。
私たちは、今、そういう関係を築きつつある。もちろん課題は山積みだ。
明日のために、そして3年後の私たちのために、いま取り組まなければならない課題を一つずつ、楽しみながら片付けていこう!>ね、お兄ちゃん!

ハロウィンパーティ

ひょんなことから「ハリーポッターファン・ネット」のハロウィンパーティに参加することになった。
ハロウィンパーティへの参加は初めてだ。
会場は、水天宮のロイヤルパークホテル。
みんな仮装してくると聞いたが、さすがに昨日の今日で、まったく用意できず。ハリーポッターのイメージで、黒いコートだけ着ていった(汗)。
会場には、ハリーポッターゆかりの(?)ファッションに仮装した人たちであふれていた。事務局の方々はもちろん、ホテルのサービスの人も。そしてパーティ会場の内装からメニューまで、すべてハリーポッターの世界になっている。
1026-3.jpg
それにしても、みんなよくこれだけハリーポッターの世界の仮装ができたものだと感心してしまう。仮装大会で受賞した人たちには、親子三人で参加しているファミリーから、新宿区の議員、果ては大学教授(!)までいた。姉妹受賞の子どもたちの衣装は母親のお手製らしい。
さっそく自宅にもどって、どこで入手できるのか探してみると・・・、ハリーポッターのオフィシャルサイトに「魔法使いの店」を発見!
会場で見かけた赤とオレンジのマフラーやら、ふくろうのヘドウィグのぬいぐるみ(バッグになっているものも!)などなど・・・。これはファンにはたまりません。しかも限定品もあったりする。
さて、自宅に戻ってパーティの模様を話すと、ツグも「ハリーポッター」という名前だけは知っていたようで、興味深深という感じだった。
彼のコレクションは、今のところ飛行機の機内でもらうおもちゃくらいか。ベネッセの「しまじろう」が毎月届くので、その本とおもちゃでほぼ満たされている感じ。
保育園ではそろそろ「ウルトラマン」や「ハリケンジャー」に夢中になっている子たちもいるようで、散財の芽が出てきているようだ。
会社にもガンダムにはまっているF井さんとかいるけれど、こういう趣味を持つとお金がかかるよねぇ・・・。
あ、うちのサービスにもオタク心をくすぐる「PrintPark」というのがありました。
安達裕実ちゃんなどのアイドルから「銀河鉄道999」、それから懐かしいスバルのクラッシックカーなどなど。自分でカスタマイズして「世界でひとつ」のものが作れるのがオンデマンド・プリントのいいところ。ここでもしっかり散財してもらいたいですね(笑)。
無趣味の私の最近の興味はBlogかな。これはお金がかからないから安心、安心。
あれ?でもこのBlogのために新しいノートPCを買ったような記憶が・・・(汗)

ラブレターの書き方

私には二種類の仕事がある。
一つは社長という仕事。もう一つは営業&企画という仕事。
後者は「トップ営業」といわれるものよりも、もっと現場寄りでプランニング&プロデュースという感じだと思う。
今日は久しぶりのプレゼンだった。コンペだったりするとやる気も楽しさも倍増する!
根っからの負けず嫌いなんだと思う(笑)
企画書は、問題解決の方法を提案する「ラブレター」のようなもの。
これがなければお付き合いは始まらない。
ラブレターは自分の言葉で書くものだ。頭の中にある相手への思いを整理して、相手に伝わる言葉にしていく。これが企画を作るということだ。
でもどんなにスマートな企画でも、愛がなければ伝わらない!
ところでいつ頃からプランニングを自分でするようになったのだろうか・・・。
学生時代に企画書の書き方なんて習っていない。ほとんどの人は同じだろう。
私自身も、企画書を書くということは特別なスキルのいるものだとずっと思っていたし、私なんかには企画なんてできないと思っていた。
昔はよく企画書が書けなくて、夜中に六本木の青山ブックセンターにヒントを探しに出かけたものだった。結局ヒントを見つけられずに、オフィスに戻って悶々としていた、ということが多かったけど(苦笑)。
企画を作るときには、まずお客さまの課題をきちんと理解すること。
初めての相手の場合は、相手のビジネスの理解するためにありとあらゆる情報を集めなくてはいけない。これに必要な時間とお金(!)が、インターネットの登場で削減できたことは本当に大きい。
次に、情報を整理・再編集する。
お客さまの魅力を確認して、問題点を把握して、こんな方法で、あなたと一緒に問題を解決したいと思っています!と伝える。
そして、一番のポイントは、新しいメッセージやコンセプトを作り出す能力・・・。
相手の興味を喚起するには、ありふれた言葉じゃだめだと思う。
ね、恋愛のアプローチとおんなじでしょ?(笑)
企画は生みの苦しみがあるけど、その分完成したとき、そしてその企画が実現したときの達成感はたまらない。
こういう楽しみを独り占めするのはずるい!と言ってクレームをつけてくるスタッフがでてくればうれしいなぁ・・・(笑))

チャンスを作る

部下は上司を選べないというが、この会社には、私が選んだスタッフしかいない。これはなんて幸せなことなんだろう。
ただ、スタッフは、会社や仕事がいやだったら転職する、という選択の自由がある。残念ながら私にはその権利はない。
スタッフが会社を辞めるときに、なんどうらやましいと思っただろうか(笑)。以前は時々転職雑誌を買うことがあった。雑誌をめくりながら「こんな仕事してみたい・・・」とあこがれたものだった(笑)。
だからこそ、やりたい仕事を自分で作るしかない。
幸いなことに、10年経った今も、この仕事、そしてインターネットというメディアに夢中だ。
私たちの仕事で最も重要なものの一つが、スタッフに「やりたい仕事」をするチャンスを与えること。一人一人の目標や目指している方向を理解して、チャンスと適切なアドバイスを与える。このスキルを身に付けているマネージャーは少ないのが現実だ。
私たちの会社は、35歳の私をはじめ、役員もマネージャーもまだ若い。ほとんどのことに、ゼロから挑戦してきている。これはある意味ではチャンスだ。
こういう会社で自分の「やりたい仕事」をするためには、それを宣言すればいいのだ。それが「やりたい仕事」をするための一番の近道だと思う。
自分じゃないとできない分野を持ち、そのスキルを身に付けることで、自分のやりたい仕事が集まってくる。それがなにか、しっかりした目標を持って、知識と経験を積み上げていこう。
それからもう一つ。
誠実であること。それがすべての基本だ。
できないことを、できないと伝えること。仕事の中で、この一言を伝えられるようになるまで、私自身も本当に時間がかかった。
私たちの仕事はどれも一人で完成するものじゃない。会社に所属して、仲間と一緒に仕事をしているからこそ、リスクのある挑戦もできるし、感動も共有できるのだ。
そして、仲間たちからの信頼。
新しいことへの挑戦は、それをやっている人にしかわからない緊張と不安がある。体験をしたことがある人は理解できるが、そうでない人たちへ理解を求めるための努力やフォロ。このスキルも重要だ。協力者、理解者が一人増えるだけで、それは大きなエネルギーに変わっていく。
挑戦したい!と思える仕事を発見し、実現させる力を持ちたい。