「決断」

会社をはじめて10年。社長の仕事ってなんだろう・・・って考えたときに、一番に思いつくのは「決断」すること。
私が決めないと会社は動かない。とにかく「決断」を繰り返してここまで来た。
その中には、明らかに間違った「決断」もあった。
最初のうちは、社長の自分が「間違った」ことを認めたくなくて、触れないように、気付かないようにしていたこともあった。中身が伴っていないから、余計に虚勢をはっていたのかもしれない。
スタッフの人数が増え、デザインやプログラムのように私に出来ない仕事をしてくれるスタッフが参加したときに、目がさめた。社長は万能じゃなくてもいい。
自分の出来ないことができる人が集まるから会社の意味があるんだと思ったとき「間違えました。ごめんなさい」とスタッフにいえるようになった。
この言葉が言えるようにならなかったら、私は社長を、会社を続けることは出来なかったと思う。