昔の恋人

「元カレ」っていうドラマがあったけど、恋人の昔の彼(彼女)はどんな人だったか、まったく気にならない人はいないと思う。そんなとき、バカポジ(=馬鹿なほどポジティブ)な私は、こう思うことにしている。
「元彼(彼女)が彼女(彼)をここまで(=自分のメガネにかなうまで!?)育ててくれた。ありがとう!」
このBlogで恋愛論を展開するのはもうしばらく先にして、今日は昔の恋人=昔の会社について考えてみたい。
最初の会社はKAPS(カプス)という。正確には神原アドプランニングシステムズっていう長い名前だった。一人で始めた会社だから、○○事務所的な感覚で自分の名前を入れたのだが、スタッフが参加してくるにつれて、社名に自分の名前が入っていることに恥ずかしさを感じ始めた。それで、途中で略称を社名にしたという経緯がある。
自分の名前を会社名につけるなんて25歳の私らしいなぁ・・・(笑)。
今の会社「ニューズ・ツー・ユー」は、サービス名=社名だ。サービス名「News2u.net」が先に決まり、そこから社名をつけた。
会社の目指しているもの、会社のやりたいことが社名であるような社名をじっくり考えたのか、といわれるとちょっと自信はないけど、この社名、自分ではかなり気に入っている。
事業統合した昨年は、カプスのスタッフが新しい社名で電話に出る度に、なぜか胸が痛んだ。「カプスの○○です」って言えなくなってから、逆にその馴染んだ言葉を使えないのがとても寂しかった。
あれから1年。古株のデザイナー・なべっちのシグネチャが、ついこの前までカプスのままだったということが発覚。これは意図的じゃなくて、変更し忘れていただけみたいだけど(笑)。
事業統合したわけだから、カプス時代からのスタッフとニューズ・ツー・ユーしか知らないスタッフもいるわけだ。もちろん役員もカプス時代から一緒にお互いの成長をみてきたメンバーと、ニューズ・ツー・ユーとして参加してくれている役員とちょうど半分ずつになっている。元カプスな人たちと新しい人たち。
正直言うと、この構図を息苦しく感じていた。ちょっと前までは。
その原因は、多分私にあった。
この1年の間、いろんな場面で今の私たちをカプス時代と比べることが多かった。新しい人との出会いでいろんなやり方を知った。これまでのやり方を過少評価したこともあった。私自身がカプス的なやり方を否定したり肯定したりしながら、悩みながら経営していたのだから、息苦しくて当たり前だったかもしれない。
でも、自分たちになかったものを積極的に受け入れ、変わっていこう!と決意した上でのこの会社だ。今のニューズ・ツー・ユーがあるのは、やっぱりカプスの経験があったから。そしてカプスという経験があったから「新しい」ニューズ・ツー・ユーという考え方が存在しているのだ。
今いるスタッフも役員も、過去のいろんな経験があって、そして縁があって、今、ここでニューズ・ツー・ユーに参加してくれている。
足りない部分、悩んでいるところ、課題はたくさんあるけれど、今ここにいるみんなと一緒に、ニューズ・ツー・ユーとして成長していけることは、とても幸せなことなんだと、1年かけて、やっとたどり着いた。
過去の恋愛経験をきちんと肯定して、今の恋人と歩いていく・・・そんな感じなのかもしれない(笑)

26時

あ〜ぁ、とうとう当日更新ができなかった・・・(涙)。
これまで当日更新にこだわって、下書きだけは24時前に登録していたのに、さすがに今日はその時間もなかった。
記録挫折の原因は19時30分からスタートしたMTG。
会社設立時は、毎週火曜日、取締役4人が集まって、その時々の課題を解決するためにエンドレスのMTGを開催していた。さすがに3年目ともなると毎週する必要がなくなってきているのだが、今日は違う。来週の定例役員会で提案する2004年度の予算案の最終調整のMTGだからだ。
振り返れば、この1年、何度予算を見直しただろうか。昨年は年内に予算承認がとれず苦労したから、今年は早め、早めで手を打とうと思ってがんばってきた。
基本的には「有言実行」タイプなので、予算が達成できないと死ぬほど悔しい。ただ、企業にとって大事なのは「適正」な予算を作れるかという予算立案能力。今年の私たちにはこれが決定的に欠けていた。すべてが神頼み、運頼みといった感じ(涙)。
私自身が事業統合後のスタッフのモチベーション、役員の成長などについて的確な予想ができていなかったため、数字の予想が大きく外れてしまったのだ。これは、悔しかった。根拠のない自信や予測じゃ、悔しいの「く」の字にさえ届かない。
でも、ここにきてやっと手ごたえをつかんできた感じだ。そして、今度こそ「私らしい」予算を作りたい!と思っている。
予算の提案なんて一回でみんなが納得できるものになるわけがない。特に当社の場合は、頼もしい社外取締役から、ビシバシ激しいツッコミが入るはず(笑)。どうせやり直しになるのなら、「私ならこうやる!」という部分をはっきりと示したほうがいいと思っている。
まず、先週から繰り返し登場している危機管理関連のTo Doリストの作成と優先順位の確認。これを数字に落とし込んだ。それから、前年同様、2004年の予算内容の詳細チェック。2004年の事業指針に織り込まれているものは最重要案件として優先的に予算を獲得。特に社長特命プロジェクト!これはなんとしても予算を獲得せねば!!
来期は、当社では初めての希望参加によるメンバー編成で、社長特命プロジェクトが走る予定だ。だが、10月1日の発表以来、誰からもコンタクトがない。本当にプロジェクト・メンバーが集まるのだろうか・・・。昨晩、メンバーが集まらない夢を見てしまったので、朝一でメンバー募集のメールをスタッフ宛に出してしまった(笑)。でもいまだに誰からもレスがない・・・。こんなときなのよね、社長の孤独を感じるのは(苦笑)。
そのほかの予算として、原価管理システムの構築や人事評価システムのバージョンアップ、そしてオフィスの移転も検討中だ。
1007-1.jpg
さて、私の作ったたたき台をベースに、各部門の数字が駆け足で検討された。といっても気がついたら26時過ぎ。ほぼ予想通りの数字が完成したところで、本日のMTGは終了。
途中で2回ブレイクをいれたけど、夕食もとらずに熱中していた.ため、ちょっと怒りっぽかったかも・・・。お腹がすくと怒りっぽいんです、私(汗)。
みんなでラーメンを食べに行こう!!ということになった。夜中のラーメンといえば、「赤坂ラーメン」か「じゃんがらラーメン」が定番なんだけれど、今日はなぜか四谷三丁目の「一心ラーメン」へ。エリマキトカゲのようにノリを飾ったラーメンで有名な「一心ラーメン」は全員初めて。思わずBlog用に写真を撮ってしまった(笑)。ちなみに写真は信ちゃんです。
昨年、今日集まっている役員・執行役員みんなで、河口湖で1泊二日の泊まりこみで初めて予算作成に取り組んだことが、ずいぶん昔のことのようで懐かしい。あの時は、企業にとって予算が何か、まったくわかっていない中での手探りでの予算作成だった。白熱した時間があっという間に過ぎて、夕食のバーベキューまでたどり着いたのは25時を回っていたなぁ・・・。
こんな小さな積み重ねが、役員同士の絆を太くして、そしてそれが組織の強さになると信じている。私たちはまだこの形になって1年しかたっていないよちよち歩きの子どもだ。ある意味では、知らないことだらけだし、好奇心が旺盛な半面、臆病な部分もあるかもしれない。でも、お互いの考えはもちろん、社内からの声、社外からの声をちゃんと聞くことができるような素直さを持っていたい。今、私たちがこのメンバーで経験していることは、すべて会社の血となり肉となるのだから。