コーチング

8月に『日経ビジネス アソシエ』の企画でコーチングを体験した。
それまでの私は、コーチングでいうところの「指示・命令型」上司の典型だった。たぶん、今もそんなに変わらないと思う・・・(苦笑)。
雑誌をご覧になった方はご存知だと思うが、このコーチング体験、目からウロコだった。なんといっても社会人経験=社長経験という私だ。会社の数字について人からとやかく言われた経験はほとんど皆無だ。
「悪い例」で最初に指示・命令型(よりもっと怖かった)を体験した時はショックだった。あまりの相手の威圧的な対応に、相手が質問している内容を理解できない。考えもまとめられないまま、とりあえず返事をしてしまっている。もちろん、すぐに突っ込まれる。会話を続けようとすればするほど悪循環に陥る。相手に対して完全に恐怖心を持ってしまう・・・。3分間という短い時間だったが、終わったときには背中に冷や汗をかいていた。
こんな状況で「がんばります」なんていう言葉を言ったとしても、相手は何を話したかさえ覚えていないはずだ。私と話をしているとき、こういう思いをしているスタッフがいないとはいいきれない・・・。
この逆説的な体験は、コーチングに対して漠然と持っていた「効果がでるまで時間がかかる」という先入観を払拭した。時間がない、成果を急いでいる時こそ、コーチング的なアプローチが有効なのだ。しかし、それに気付いているマネージャーは、本当に少ないのではないだろうか?
「指示・命令型」マネジメント一辺倒だと、スタッフは「指示・命令」を待つようになる。そうすると自律成長する組織を作ることはできない。つまり社長の器以上に会社は成長しなくなってしまう。
ところで、コーチングで一番難しいのは、コーチングのできていない上司に対して、コーチングのアプローチをすることらしい。「指示・命令型」の上司の立場にたって、部下がコーチングしつつ、上司に気付きを与える・・・なんて大変なんだろう!!
8月の終わりのそんな貴重な体験を忘れかけていた今週、久しぶりにカプスの役員だった石井さんと二人で食事をした。彼女と二人きりで食事をしたのは実に1年ぶりだった。
彼女は私にとって初めての年上の部下だった。初めて出会ったのは私が25歳、彼女が32歳のとき。26歳になったときに、彼女に会社に参加してくれないか、と私から声をかけた。昨年の事業統合のときに、彼女は会社を離れたが、時々会社に寄ってくれていたから、あんまり離れたという感じはしていなかった。
彼女といるといろんなことを話したくなる。食事の間もほんとうに私ばかりが喋っていたような気がする。そして食事の後、別れ際に彼女はこう言った。「いつも応援していますから、がんばってくださいね」
この言葉を聞いて、一瞬頭が真っ白になった。
10年の間、彼女はいつもこうやって私に話し掛けてくれていたのだ。
「社長なら、きっとだいじょうぶですよ」「みんな、応援していますから」「一緒にがんばりましょう」・・・彼女がいつも私に言ってくれていた言葉が浮かんでくる。
彼女は、「指示・命令型」の私に対して、徹底的に話を聞くというコーチングの基本で接してくれていた。そして、彼女のコーチングのおかげで、「指示・命令型」の私に、スタッフはついてきてくれていたのだ。
彼女のように接してくれる人が身近にいることを当たり前だと思っていた私は、自分の傲慢さに、ほんとうに恥ずかしくなった。
私の周りには、彼女をはじめ、私に必要な人がいつも傍にいるのだ。過去も、いまも。
これだけ恵まれた環境にいて、がんばれないはずがない。
8月の体験を思い出して、もう一度「コーチング」について考えてみよう。

ショック!?

4歳になる子どもの血液型を初めて調べたら、なんとパパと同じB型だった!
B型二人に囲まれた家ってどんなだろう。
私の家族は、父がAB型、母がA型だから、O型以外はみんないて、それぞれバランスがよかった。というか、5人兄弟の大家族だからか(笑)
私と同じAB型だったら、きっともっとショックだったかもしれない・・・と自分をなぐさめ(?)ているけど・・・。
今はまだ無邪気で私のいうこともよく聞いてくれるけど、きっとマイペースで頑固な子になるんだろうな・・・(涙)
B型男性の性格はお天気屋
3人しかいない家の中でB型二人対AB型・・・・(汗)
出社拒否ならぬ帰宅拒否になるような家にならないようお祈りしよう!!
※決してB型の人が嫌いというのではなく、経験がないので不安なだけです・・・