チャンスを作る

部下は上司を選べないというが、この会社には、私が選んだスタッフしかいない。これはなんて幸せなことなんだろう。
ただ、スタッフは、会社や仕事がいやだったら転職する、という選択の自由がある。残念ながら私にはその権利はない。
スタッフが会社を辞めるときに、なんどうらやましいと思っただろうか(笑)。以前は時々転職雑誌を買うことがあった。雑誌をめくりながら「こんな仕事してみたい・・・」とあこがれたものだった(笑)。
だからこそ、やりたい仕事を自分で作るしかない。
幸いなことに、10年経った今も、この仕事、そしてインターネットというメディアに夢中だ。
私たちの仕事で最も重要なものの一つが、スタッフに「やりたい仕事」をするチャンスを与えること。一人一人の目標や目指している方向を理解して、チャンスと適切なアドバイスを与える。このスキルを身に付けているマネージャーは少ないのが現実だ。
私たちの会社は、35歳の私をはじめ、役員もマネージャーもまだ若い。ほとんどのことに、ゼロから挑戦してきている。これはある意味ではチャンスだ。
こういう会社で自分の「やりたい仕事」をするためには、それを宣言すればいいのだ。それが「やりたい仕事」をするための一番の近道だと思う。
自分じゃないとできない分野を持ち、そのスキルを身に付けることで、自分のやりたい仕事が集まってくる。それがなにか、しっかりした目標を持って、知識と経験を積み上げていこう。
それからもう一つ。
誠実であること。それがすべての基本だ。
できないことを、できないと伝えること。仕事の中で、この一言を伝えられるようになるまで、私自身も本当に時間がかかった。
私たちの仕事はどれも一人で完成するものじゃない。会社に所属して、仲間と一緒に仕事をしているからこそ、リスクのある挑戦もできるし、感動も共有できるのだ。
そして、仲間たちからの信頼。
新しいことへの挑戦は、それをやっている人にしかわからない緊張と不安がある。体験をしたことがある人は理解できるが、そうでない人たちへ理解を求めるための努力やフォロ。このスキルも重要だ。協力者、理解者が一人増えるだけで、それは大きなエネルギーに変わっていく。
挑戦したい!と思える仕事を発見し、実現させる力を持ちたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です