メルマガにはまった!?

今年の3月に立ち上げた広報啓蒙サイト「こちらIT広報室」。
このサイトのそもそもの開設目的は広報を知ってもらうこと。なんで「IT」がついているかというと、初めて広報を始めるプラットフォームとしてインターネットを活用することを提案したかったからだ。
もともと弊社の提供している「オンライン広報サービス」の会員企業向けに約1年間運用していたホームページを一般向けに開放したものだから、コンテンツそのものはかなり充実している。大手企業の広報室の紹介から、トップ自らが広報に挑戦している中堅・ベンチャー企業の紹介。さらにメディアへの突撃取材などなど。広報担当者だけでなく、企業トップやマーケティング担当者にも役立つ内容になっているのではないかと自負している。
そのホームページへの集客ツールとして、このサイトの開設と同時にスタートしたのが、メールマガジン「週刊広報」だ。
毎週木曜日配信のこのメールマガジン、10月30日で第34号になる。木曜日配信のため、原稿は毎週水曜日に書くことにしている。
メールマガジンの構成は大きく3つ。
まず、広報やブランディング、それからITの簡単なTIPSを紹介する巻頭コラム。
それからその週に更新された「こちらIT広報室」のコーナーの紹介。
そして「デスクより」という編集後記だ。
このうちの巻頭コラムと編集後記が主に私の担当。「週刊広報」では「です、ます調」で書いているため、このBlogとはモードがちょっと違う(笑)
今日は、外出続きで、メルマガの原稿を書く時間がなかった。メルマガ原稿にすっかりはまってしまって、やっと完成。その後すぐにこのBlogを書き始めたものだから、なかなか調子が出ない(苦笑)。
さて、メールマガジンを発行するようになってからいろんな出会いがあった。
一番大きな出会いはメールマガジン「がんばれ社長!今日のポイント」を発行している武沢さんとの出会いだ。
メルマガ配信を開始した当初、メルマガに私の名前を入れていなかったら、「きちんと自分の顔を見せるべきだ」と、注意してくれたのが武沢さんだった。
そこでさっそく、メルマガの奥付に名前を掲載するようにした。
すると、それに気付いてくださってメールをいただいた。アドバイスだけでなく、ちゃんと毎号読んでくださっていることに感激していたら、今度は読者数2万4000人を越える彼のメルマガで、いきなり私のメルマガを紹介してくれたのだ。
このときは正直驚いた。創刊1ヶ月しか経っていない私のメルマガは、当時読者がやっと300人。ところが、武沢さんのメルマガで紹介されると同時に登録が増え、あっという間に800人に達してしまった。ほんとうに2日足らずで読者が倍以上に増えていったのには驚いた。
おかげさまで現在では約1000人の読者を持つメルマガ発行者だ。
読者をひきつけるのは、文章のうまさはもちろんだが、発行人である武沢さんの情熱溢れる内容があればこそだと思う。彼の推薦だからこそ、大勢の人が私のメルマガに登録してくれたわけだ。
この業界にいながら、ずっとバイラルマーケティングとかメールマーケティングってほんとう?なんて思っていた私だが、この体験で一通のメールの持つパワーを実感した。
武沢さんから誘われて、一緒に中国に行ったのが8月。
9月の二度目の訪中では、武沢さんはいきなり上海オフィス開設の契約をしていた!この行動力には本当に脱帽してしまう。(詳しくはこのBlogの9月19日〜24日をチェック!)
武沢さんは日本一の経営者向けメルマガ発行人では飽き足らず、今度はアジア一を狙うらしい。
さて、そんな武沢さんからのいただいたBlogの感想は「文章が長い!」(苦笑)。
せっかくのアドバイス、さっそく文章量を減らそうと試みたが、どうもうまくいかない。深夜に原稿を書いていると、止まらなくなってしまうようだ。
ごめんなさい>武沢さん
それでも今は、毎日感じたことを書き留めることを最優先にして、このBlogを続けてみようと思っている。