あとは実行力

今日のテレビは選挙速報一色だ。
マスメディアでは、二大政党の対立を中心に報道を展開していた。
選挙の大勢が決まったいま、このメディア報道について問題だったと発言している党首が多い。
マスメディアを批判するのはいいけれど、このような傾向は以前からあったわけだし、インターネットユーザーが5000万人を越える時代になっているのだから、もっと自らの情報発信や有権者へのコミュニケーションのためのメディアとしてインターネットを戦略的に活用すればよかったのに・・・と思ってしまうのは、私だけ?
今回の選挙で、もっともインターネットを活用していたのは、オンラインでのイベントに党首が参加したり、バナー広告によるマニフェストの訴求に力をいれた民主党だ。
この選挙の間、ほとんど街宣車にも遭遇しなかった私だったが、やたらと目に付いたのが民主党のバナー広告だった。
ウェブサイトをチェックしてみたが、なかなかよく出来ている。ちゃんとプロが作っている感じ(笑)。対する自民党のウェッブサイトをはじめ、その他の政党のサイトは・・・。
オンラインでのコミュニケーション戦略では、民主党は各党を大きく引き離していることを実感。
今回の選挙後、オンラインでのコミュニケーションについて検討をはじめる政党がどれくらいあるだろうか・・・。そろそろ新しい選挙、新しいコミュニケーションに気付いて欲しいものだ。
さて、今回の選挙でもうひとつ気になったのは「マニフェスト」という言葉。
この言葉、なんとなく気持ちが悪かったのは私だけだろうか?
普段私たちがインターネット関連の新語を表現するときには、とことんカタカナを拒絶する大手メディアが、あっという間に「マニフェスト」を誰もが知っている言葉として使い出したのだ。政権公約という日本語があるんだから、ちゃんと日本語で書けば??と思ってしまうのだが・・・。
広報の重要性を説いている私たちとしては、こういうメッセージ戦略やイメージ戦略を選挙に活用すれば、これだけ効果が出るんだという見本のような選挙だった。
民主党は、米国流にPRのコンサルティング会社を活用して選挙戦を展開した効果が大きく、オンラインはもちろんトータルのメディア戦略で他党を大きくひきはなしていた。
あとは、実行力!
何事も実力以上に評価されるとあとでリバウンドがくるものだ。

あとは実行力」への2件のフィードバック

  1. 私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ???PR???????????&????????? : minako’s blog : ?????? . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です