競争力強化!

昨日の日経産業新聞、そして27日の日本工業新聞と二日連続して、当社の中国事業が紹介された。やっぱり新聞に載るとうれしい! これから挑戦しようとしていることを記者の方が理解し、評価して、記事という形で紹介していただくわけだから、うれしいだけでなく、すごく勇気付けられる。
一応11月26日発表ってなっているけど、このBlogでの中国ネタの多さに、最近はいろんなところで「中国で何するの?」って聞かれていた(笑)。
いろんな縁があって、今回の発表となったわけだが、1994年のインターネットの商用利用以来ウェブ制作に関わってきた一人として、昨今の価格競争は、極端に言えば、クライアントの暴力くらいに思っていた(お客さま、ゴメンナサイ)
しかし、冷静に考えれば、どの業界でも価格破壊は起こり、生き残っていくために企業は、さまざまな努力をしてきているのだ。
これはビジネスとしては当たり前の環境なのだ。市場環境の変化を嘆いても誰も助けてはくれない。生き残るためには、自分で動いてチャンスを見つけるしかない。ITバブルの恩恵を受けために、今がとても厳しく思えていただけなのだ。
昔を懐かしんでも仕方がない。変われない会社はなくなるだけだ。
最近、日本にはM&Aで進出してくる外資系企業が多いが、中国では、いろんな制約があるため、そんな簡単に単独進出はできない。(詳しくはメールマガジン「みちゃいな」参照)。
しかし、そんな中でも、日本の大手企業から、名前も知らなかった地方の小さな会社まで、手探りで中国進出を果たしている。
ウェブ関連業界では、インドや中国での開発は数年前から注目されていた。今回、私たちはウェブ制作を中国で展開しようと思っている。
そのパートナーとなるのが、杭州のイーチャイナだ。(イーチャイナについては、こちらを参照)
創業間もない彼らとのMTGは楽しい!の一言に尽きる。
いろんな試行錯誤をしながら、そして技術の進歩を追いかけながら、なんとか10年やってきた私にとって、新しい会社をスタートする李社長はうらやましくて仕方がない(笑)。
しかも、彼には私のような先輩がいるのだ。これはいいよね!(爆)。
私が10年かかったことを、5年で、いや3年で形にしていくくらいの熱意を彼らから感じている。もちろん、私たちも全面協力だ。私たちが10年かけて築き上げたウェブ制作部門の将来は、この事業の成否にかかっているという覚悟だ。
「ニューズ・ツー・ユー 中国進出で競争力強化」
この見出しに恥じないよう、全力でこの事業を立ち上げていきたい。

競争力強化!」への2件のフィードバック

  1. 私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ???PR???????????&????????? : minako’s blog : ?????! . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です