特命プロジェクト

「社長特命プロジェクト」メンバーと年末のキックオフMTGに続いて、今年初MTGを開催した。
このチームの運営方針は三つ。
   1:1週間2時間だけ。宿題ナシ
   2:社内スタッフへプロジェクトをアピールする
   3:プランニングの基礎を身に付ける
第1回目のMTGでは、上期のスケジュールを2時間かけて策定。それをベースに今年は活動していく予定だ。
1月は、自社のポジショニングを明確にするためのリサーチ期間。これから4回に分けてリサーチを実施するわけだが、これがなかなか楽しそう。
実は、特命プロジェクトのメンバーは、比較的社歴の浅いメンバーが集まっている。オンラインサービスの営業担当の堺くん。彼は、異動前は制作部のディレクターで、社内の二つの部門を経験している貴重なメンバー。ウッシーこと牛島くんは、開発担当。昨年4月にニューズ・ツー・ユーに参加したばかり。そしてデザイナーのHくん。彼もまだ1年弱だ。
スタッフには、カプスからニューズ・ツー・ユー、そして統合へといたった背景を何度も説明してきているが、現在のニューズ・ツー・ユーの自分が所属している部門のことしかしらないのが大部分だと思う。
私の説明が不足している、わかりにくい、というのも一因だ。
経営層と現場のギャップ・・・これは、早いうちに縮めておかなければならない。自社の強みや存在意義、そして目指すべき方向を、今回のプロジェクトメンバーと一緒に、より現場に近い言葉で説明できるようにしたいと考えている。
0108.jpg
今日のMTGは、私がこれまでに作成した事業計画やプレゼン用の資料、それからカプス時代からの制作実績やメディア掲載記事などなど、集めた資料(Boxに3つ分!)を持参してスタート。
今日のGOALは、日本のインターネットの歴史と私たちの活動を年表にまとめること。
まず、日本のインターネット関連動向のデータを収集してホワイトボードに書き出して整理。
その後、3人で、インターネット動向、自社動向、制作物をそれぞれまとめてみた。
偶然とはいえ、ほんとうに早い時期からインターネットに出会い、そして意義深いプロジェクトに関わってきたことを再確認。
これらのひとつひとつの積み重ねで、今日のニューズ・ツー・ユーがあるのだ。たった10年だけど、ひとつの歴史が見えてきた。
さぁ、来週からがいよいよ本番。限られた時間を有効に使うためにはどうすればいいのか、プロジェクトのスケジュールや進行を考えるのは、けっこう楽しいワークだ。
メンバーみんなが参加して、自分たちの言葉が発見できればうれしい。
忙しい業務の中、毎週2時間をもらって作業するわけだ。
スタッフの協力と理解を得ることが、プロジェクト成功のためには不可欠だ。そのためには毎週の成果を形にすること。これが、今回のプロジェクトの一番のポイントだろう。

特命プロジェクト」への5件のフィードバック

  1. Aw, this was an extremely good post. Taking the time and actual effort to generate a good article… but what can I say… I hesitate a lot and don’t seem to get nearly anything done.

  2. Hey, you used to write great, but the last several posts have been kinda boring… I miss your super writings. Past few posts are just a little out of track! come on!

  3. I’ll immediately grab your rss feed as I can’t find your email subscription link or e-newsletter service. Do you have any? Please let me know so that I could subscribe. Thanks.

  4. I simply want to say I am all new to blogging and site-building and actually loved you’re website. More than likely I’m likely to bookmark your blog post . You really come with perfect article content. Kudos for revealing your blog.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です