取締役会

新オフィスではじめての定例役員会だ。
一番乗りは、監査役の細川氏。信ちゃんの案内でオフィスの中を見学して、最後は休憩コーナーで、スタッフといっしょに喫煙(笑)
続いて、FVCの辻さん。昨年から今年にかけてご紹介いただいた案件について、藤澤さん(昨日が誕生日!おめでとうございます!)と二人でいろいろ確認。最後に登場したのはエッジの堀江さん。入ってくるなり「いいじゃないですか、このオフィス!」。どうやらもっとしょぼい(?)オフィスをイメージしていたようだ(苦笑)。
今年、新オフィスにいらっしゃった方々からも、ずいぶん同じような感想を言われるので、ここでオフィス移転について、改めて説明を(笑)。
まず、オフィス移転の目的。
なんといっても、スタッフ間のコミュニケーションの活性化。従来のオフィスは2フロアに別れていたので、事業部間のコミュニケーションがいまひとつ促進されなかった。
それから、固定費の削減。2フロアに分かれてあった休憩コーナーや打ち合わせスペースを統合したので、月額でも結構な額のコスト削減だ。
つぎに、いかに安く移転するかのポイント。
まず、このご時世、フリーレント期間はしっかり獲得しよう!!
2年後4年後の次の移転を見越したオフィスに入居しよう。以前も書いたが、今回のオフィスは住友不動産の物件。次のオフィスも住友不動産の物件なら保証金を持ち越せるのが大きな魅力だ。もちろん、次はもっと広いところ&新しい場所に、移転するつもり(笑)
それから、オフィスの内装にお金をかけない(笑)。うちのオフィスの場合は、柱をコーポレートカラーに塗っただけでそれ以外はほとんどお金をかけていない。だけどぐんと、色味を統一するだけで、「ニューズ・ツー・ユー」らしくなった。
それに、電気・消防工事を極力少なくする工夫も必要。うちの場合は、ほとんどの個室のスペースが欄間オープンで作られている。おかげで(?)となりの管理部のスタッフと壁越しに会話ができる。制作部のスタッフからは、一人でしゃべっているように見えるようで、「誰と話してるんですか??」と聞かれてしまった(笑)
あと、細かいけど、移転するときにごみをまとめてださないこと。これは重要。普段のごみとして徐々にだせば、廃棄のコストがかからない(これは、信ちゃんのアドバイス)
もちろん、もろもろのコストについては、ネゴシエーションと泣き落とし(!)が重要だ。
あ、これ、来月号の社内報で特集する内容になってしまった!ごめん>大橋編集長
会社が実態以上によく見えるのはまずいが、オフィスが「贅沢をしている」んじゃなくて「儲かっていそう」に見えるなら、いいじゃない(笑)。
ということで、監査役&社外取締役の方々には、納得していただきました。
そうそう、新オフィスでは、わたしと同じフロアで仕事をするのがはじめてのスタッフもいる。
企画書やメールを書いているときは「こわい顔」をしているらしく、話しかけにくいとか言われているみたいだ。基本的にドアを開けているときは、いつでもどうぞ♪というサインだ。ほんとにこわかったときは、ハズレということで・・・(苦笑)
取締役会では、12月の月次決算の承認と年度決算から株主総会までのスケジュールの確認。それから、たくさんの宿題が・・・(汗)
株主総会までの1ヶ月半、ハードそうだなぁ・・・。なんとかがんばって短期間に結果を出したいものだ。現場で楽しむばかりじゃなく、たまには社長の仕事もこなして、私も成長しなきゃ!ということかしら?

取締役会」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です