体力・知力?

休日が月曜日に集中するようになって、週の真ん中、水曜日の休みというのは新鮮♪
育児BlogとしてこのBlogがほとんど機能していないという突っ込みもあり、今日はがんばって家庭サービスに挑戦。もちろんBlogのために、挑戦した訳ではありません(汗)
といっても、近所の公園に出かけただけで、後は、友だちのおうちへ駆け込み(笑)
久しぶりに正午前に公園に行くと人も少なかった。今日はバットとグローブ、そしてボールを持ってきて、体を動かすぞ!
・・・実は、私、超運動オンチなのだ。生まれてからこのかた、逆上がりができたこともないくらい(涙)。そんな私でも優越感を感じながら野球やサッカーができるのも、あと何年だろう・・・。
ともあれ、打ちやすいボールを投げたり、取りやすいボールを打ったり、ボールを追いかけたりという肉体労働(?)を1時間、がんばる。
ツグはボール遊びよりも、実は家でアイロンビーズやレゴなどで遊ぶほうが好きなようだ。それでも、たまに公園に連れていくとうれしそうに体を動かす。ただ、走るだけでも楽しいようだ。うらやましい・・・。
途中から、保育園のお友だちのヒロリンとママが加わって4人でお砂場遊び。
その後、遅めのお昼をヒロリンのおうちでいただく。おばあちゃんのおにぎりはおいしい、というと「人が作ってくれたものはおいしいんだよ」とのお言葉。たしかに・・・。
二人が遊んでいる横で、ママたちはつかの間のおしゃべりタイム。
ママと子どもが1対1だと、どうしてもママにストレスがたまる。子ども同士の遊びだと、ママは楽なんだよね(笑)
子育てから学んだことはほんとに多い。
子どもは、身長が低い分、見えている風景が大人とは違う。子どもに目線をあわせて話をしなさい、と良く育児書なんかに書いてあるけど、会社でも同じだ。
その目線で見たことのない人に、一生懸命説明しても単語の意味さえ理解していなかったりすることもある。
相手が見ている風景を確認して、それに合わせてコミュニケーションする重要さを知ったのは大きい。
だからといって、子ども言葉でスタッフに話しかけちゃうのはマズイと思うが・・・(汗)
いくら高齢出産ができるからといって、産んで終わりじゃない(うちの場合はその比率はかなり高いとは思うが)。育児には体力が必要だということを実感している今日この頃。
特にうちはパパが10歳も年齢上だから、体力勝負系(?)は私の担当。知力系をパパに任せているんだけど、おかげさまで3歳にはトランプの数字を理解して、4歳の今は100までの数字と、ひらがなが読めるようになりました。すごい!!>パパ
小さな進歩を発見してあげること、そして誉めてあげること。これも育児を通して身に付けたことの一つ。
子どもの成長とともに、誉めるのを忘れがちになってしまっている。会社でも同じかも。
明日から、もう一回、誉め上手を目指さなくちゃ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です