インターネット黎明期の終わり

午後6時から日経BP社で来月号を最後に休刊になる「日経netn@vi」のお疲れ様会に参加。突然のお知らせでびっくりしたけれど、大勢の人が集まって「netn@vi」らしい会だった。
0225-2.jpg
当社では、カプス時代から「netn@vi」のCD-ROMを担当させていただいていた。CD-ROM関連の定期的なお仕事はこれが最後になってしまった・・・(寂)
いまや米田チームのチーフザイナーになっているなべっち(=渡辺くん)が初めて一本立ちした仕事がこれ。毎号、季節にあわせたデザインが楽しかったようだ。
最後に担当したのは大橋くんと酒井くん。
今日は、彼ら二人と立ち上げを担当した米田さんの4人で参加。
私をorkutに引きづりこんだ(?)編集部の杉本さんと、久しぶりに昔話でもりあがった。本誌サイトの立ち上げは、当社の役員をしているライブドアの堀江社長だったとか、。
へぇ〜×5
会場では偶然、「『メルマガ』成功のルール」の著者・高橋浩子さんと再会。
以前、がんばれ社長の武沢さんの会でご挨拶していたのだが、まさかこんなところでお目にかかるとは!2冊目の著書「ファン(継続読者)が増えるメルマガ 消えるメルマガ」も順調らしい。
実は、「『メルマガ』成功のルール」を私は結構口コミしている。
ホームページを開設したけど、更新感がでないとか、アクセスが減る一方だといった人たちにまずすすめているのが「『メルマガ』成功のルール」だ。
更新感がでないのは、更新する情報がないから。では、何を、どのタイミングで更新すればいいのか・・・その回答がメールマガジンだ。
メールマガジンを柱にしてホームページを考えると、いろんなことがクリアになる。
ホームページを更新するコンテンツ作りに、そしてホームページに集客するツールとしてメールマガジンの重要性をわかりやすく解説してくれている。
0225-1.jpg
さて、会場には、創刊号から最終号までの本誌が勢ぞろいしたコーナーも。懐かしい表紙のイラストをに思わず手が伸びる・・・・
当時はプロバイダー乱立時代で、雑誌の付録のCD-ROMにはプロバイダーへのサインアップ用のソフトが収録されていたものだった。
素材が時間ぎりぎりで入ってくるとデバック時間が不足して、何度か(も?)ミスをしたこともあった。そのたびに、普段はカジュアルな服装の担当プログラマにスーツを着せて、始末書を持って編集部へ・・・というのも今となってはいい思い出(苦笑)。
土屋編集長の時代には、トラブルのときにしか顔を出さない、といわれる始末(苦笑)
歴代編集長には、ほんとうにお世話になりました。ありがとうございました。
ネット入門書として多くのインターネットユーザーを育ててきた「日経netn@vi」。
インターネットがインフラとなったいま、「日経netn@vi」の休刊はひとつの時代の終わりを告げているようだ。
さよなら「日経netn@vi」。さよなら「インターネット黎明期」。

インターネット黎明期の終わり」への7件のフィードバック

  1. I appreciate, lead to I found just what I was seeking. You’ve ended my 4 day extended hunt! God Bless you man. Have a excellent day. Bye

  2. I just want to tell you that I am very new to blogs and actually savored your web-site. Almost certainly I’m likely to bookmark your blog . You actually have beneficial writings. Kudos for revealing your webpage.

  3. ご挨拶!完全にオフトピックだ簡単な質問。あなたは、携帯サイトが友好的にする方法を知っていますか?私のiPhone4のから見たとき、私のウェブログは奇妙に見える。私はこの問題を修正することができるかもしれないテンプレートやプラグインを見つけようとしている。あなたが何か提案がある場合は、共有してください。それに感謝!

  4. 私は今ここにいると顕著ポストとオールラウンドなスリリングなブログ(のために乾杯を言うためにだけたいと思いますそれにもかかわらず、何かのためにGoogleで研究している間にこんにちは私は私がウェブログを見つけ感激、私は本当に、誤ってあなたを見つけた私もテーマ/デザイン)を愛する私は時間があるとき、私は大いにを読み取るために戻ってくる、私は、現時点ではそれをすべて通過する時間がありませんが、私は、それをブックマークしているし、またあなたのRSSフィードに追加より、優れた仕事を続けないでください。

  5. あなたの執筆の核心は、初めに快適を鳴らしながら、個人的にいくつかの時間後に私と一緒に適切に解決していませんでした。どこかの文章の中では、実際には私だけしばらくの間、残念なことに信者にすることができました。私はそれにもかかわらず、ロジックでのジャンプの問題を持っているもう1つはこれらすべての改行を埋めるためにきれいにするだろう。あなたが実際にそれを達成することができたら、私は間違いなく感動してしまうだろう。

  6. 私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ???PR???????????&????????? : minako’s blog : ?????????????? . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。

  7. ★★★「『メルマガ』成功のルール」高橋浩子、明日香出版社(2003…

    「『メルマガ』成功のルール」高橋浩子、明日香出版社(2003/05)¥1,365(評価:★★★☆☆)もっと詳しく●メルマガを発行している人は同じような体験を通じ、同じような考えを 持つのだな、と思いました。 ・「メルマガ・ハッピー・サークル」  お客さんが喜ぶ→お金…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です