距離感

1ヶ月ぶりの杭州訪問。
先月同様、朝6時30分の成田エクスプレスに乗って成田空港へ。
前夜仕事が終わったのが3時過ぎ。目覚まし時計に反応しなかったようで、パパが起こしてくれてセーフ(汗)
上海経由での移動のため、杭州に到着は午後5時(涙)。
飛行機では、人事政策研究所の望月先生が送ってくださった「中国から見た日本的経営」に目を通す。中国進出した日本企業のトップ、そして中国人現地マネージャーへのアンケート調査結果をまとめた本だが、日本的経営が中国現地でいかに変容して、受け入れられつつあるかがデータをベースに解説されている。とはいってもまだまだ課題も多いということを実感・・・。
現地到着後、イーチャイナ李社長と一緒に会食。その後、現地にいる増田さんと現地のディレクター(!)高さんが仕事を終えて合流。4人で、現状確認MTGをした。
前述の本を読んだあとではあったが、まずは私自身の仕事への取り組み、そしてニューズ・ツー・ユーとしての仕事へのこだわりについて伝えたかった。
創業期ならではの課題のうち、私たちがサポートすることでクリアできること。その先にある自分たち自身で試行錯誤を続けなければならないこと・・・などについて、たくさんたくさん話をした。
私たちが11年かかけて完成しつつある社内システムをそのまま移行できるはずもない。しかし、彼ら自身の手で、それをベースに中国で通用するルールを作り上げてもらいたいと思っている。
日本式のやり方をまずは見てもらい、体験してもらった上で、自分たちのやり方を見つけるしか、現在は方法がないのだ。
がんばれ!>イーチャイナ
それにしても!!
イーチャイナでは私のことを鬼社長だと思っている???みんな私をこわがっているようなのだ。増田さんや千葉ちゃん、大橋くんなどなどが現地スタッフに、意図的に(?)何かを伝えているのは???と疑いたくなる(笑)
現地から研修生として高さんを招聘する予定なのだが、彼が、異常にびびっているのだ。困ったなぁ〜、もう。
社内にきてみたら、わたしなんかぜんぜん怖くないってわかるハズ。ほんとうにこわいのは・・・(笑)
上海経由での杭州入りは今回が最後のはず。
JALもANAも3月28日に杭州ダイレクト便が就航するので次回からは、半日もかけずに移動できる。
これで、スタッフもみんな行き来が楽になる!
私たちの中国プロジェクトの物理的そして心理的な距離感が、3月末にはグンと近くなる!と手ごたえを感じた夜だった。