アリババ訪問

午前中缶詰で作った資料を持って、午後、アリババ本社をイーチャイナの李社長と訪問。0304-1.jpg
日本サイトの責任者であり、1200人いるスタッフの中の唯一の日本人である佐々木氏から、アリババについてはもちろん、中国ビジネス全般について興味深いお話を伺う。
アリババといえば世界最大のB2Bのマーケットプレイスだが、中国ではe-Bayを抜く勢いのC2CのオークションサイトTaobao.comもアリババが提供している。
マーケットプレイスのビジネスも当初の無料から有料サービスへの移行も着実に進んでおり、今後の日本での展開が楽しみだ。
0304-1.jpg
1999年の設立。わずか数年でアリババをここまでの企業に成長させた馬社長。すごい!の一言に尽きる。そして、そのアリババで日本語サイトを任されている佐々木氏のような人材を持っていることもすごい!
平均年連が25歳(!)というオフィスは、日本と同じ雰囲気。
壁には社内向けにパブリシティや営業成績などがいたるとこに掲示されている。
「成長」ではなく「脱皮」し続けるというアリババ。
そのアリババの日本戦略もいよいよ本格化してくるようだ。どういう方法で日本市場を攻略するのか、楽しみだ。
0304-1.jpg
中国でのビジネスでは、人のマネジメントの問題が、もっとも大きな不安要素のひとつだろう。アリババの佐々木氏は、そんな私と李社長が持っている不安について、本当に明快に回答を与えてくれる。
この杭州で、佐々木氏ようにがんばっている先輩がいるというのは非常に心強い!
杭州にはJETROがまだないらしい。そんな中、人間JETRO的な役割を担っているのが佐々木氏という感じだ。
今回私たちは杭州でビジネスをスタートさせたわけだが、もちろん選択肢には上海もあった。しかし、佐々木氏との面談を通じて、その選択が間違っていなかったことを確信。やっぱり縁って大切だ。

アリババ訪問」への6件のフィードバック

  1. こんにちはちょうどあなた素早く頭を放棄し、正しくロードされていない画像のいくつかを知ってもらいたい。私はなぜわからないが、私はそのリンクの問題だと思います。私は、2つの異なるブラウザで試してみたとの両方が同じ結果を示しています。

  2. おい!私は、これはちょっとオフトピックです知っているが、私は私のコメントフォームのCAPTCHAプラグインを見つけることができる場所を知っていれば私は不思議でしたか?私はあなたと同じブログプラットフォームを使用していると私はものを見つけるのに苦労している?どうもありがとう!

  3. ヘイ!私は、これはちょっとオフトピックしかし、私はお願いしたい考え出しただろう知っている。あなたは、リンクまたは多分ゲストオーサリングブログ記事またはその逆の交換に興味があるでしょうか?私のサイトはあなたと同じ被験者の多くを介して行くと私は非常にお互いに恩恵を受けることができると信じています。あなたが興味を持っている場合は私に電子メールを送信すること自由に感じなさい。私はあなたからのお便りを楽しみにしています!ところで、優れたブログ!

  4. ついにヤフー中国を買収しましたね。
    「成長」でなく「脱皮」という姿勢に共感をおぼえます。

  5. 初めまして。
    アリババの成長は目を見張るものがあります。会社の考え方、方針に学ぶことは多く、ただやみくもに伸びて来ただけではないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です