自宅作業

今日は、ツグの喘息&風邪のW攻撃のため、シッターさんが来てくれる5時まで(!)自宅作業。打ち合わせは午後6時のアポだけだったので、助かった(汗)
よく考えると、子どもが生まれてから、ほぼフルタイムで自宅作業をしたのってこれまでなかった。今までは、二人いるシッターさんのどちらかが、朝の電話一本で駆けつけてくれるという超恵まれた環境だったのだ。
ところが、4年間続けてくれたシッターさんが家庭の事情で11月に辞めてから、そういう自由が利かなくなってしまった。
ということで、PCを自室からダイニングテーブルに移動させて、通常通りのペースでメールのチェックをしながら仕事を進める。
私は、昨日から取り掛かっている、新しい会社案内&自社ウェブの原稿執筆。案外、会社よりもここのほうがこういうものは、集中できるかも!?
資料がないのはちょっと困るけど、メール添付で送ってもらえるし(笑)
ツグもゆうべ咳で眠れていないのであまり元気がない。
公文のドリルで、ひらがなの練習をおとなしくしている。
1枚できたら、もってきて赤ペンで丸をつけてあげるのだが、それだけでご機嫌のようだ。いい子だ、いい子だ(笑)
会社のほうはというと、月末からのトラブルでバタバタしていた管理部は、しっかり窪木さんが調整してくれている模様。今後の対応スケジュールを確認して、ひとまず安心。
某社案件への対応も、前日から泊り込みで対応してくれた奥野くんのおかげで、無事終了。こちらもいい感じ。
食欲のないツグはお昼も、レンジでふかしたサツマイモだけで足りたみたい・・・。私の食べ物が冷蔵庫にほとんどないのはショックだった(涙)
とりあえず、遅めになったがお昼の薬を飲まして、しばらくしていると、うとうとし始めたようなので、ベッドへ。
少し早めにシッターさんが登場してくれたので、寝ている間にバトンタッチして、会社へダッシュ!
資料を用意して6時の打ち合わせへ。その後、オフィスに戻って書類をチェック。
今日から6日までパパが出張でいないので、門限の(?)11時に滑り込みセーフで帰宅。
いつも、気ままに、納得いくまで仕事をしちゃっている生活から比べると、時間が決められているって緊張感がある(苦笑)。
家に帰ったときに子どもが寝ていてくれれば、自分の時間ができるんだけど、今日は、お昼寝が遅かった分、夜は厳しそうです・・・
ワーキングマザーのもっとも大きなリスクは、子どもの健康!
これを実感した1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です