広島入り

朝8時過ぎのANAでツグと二人で広島へ。
昨晩家に戻ってから二人分の荷造りが出来たのは2時過ぎ(苦笑)。6時過ぎにみんなで起きてパパが飛行場まで車で送ってくれた。感謝!
0429-1.jpg
11時過ぎに母の家に到着。朝食抜きのツグは車酔い。すぐにご飯を食べさせたらご機嫌も直った。
同い年の男の子がいる弟の家にツグを預けて12時のアポへ。
東京からこの超ド田舎に単身赴任している森さんと近くの中華料理屋で書類の交換(笑)をしてランチMTG。
昨年導入された造船の作業服がなかなか似合っている(笑)。
その後、ツグと合流。
弟の家はちょうど私が育った家だ。彼らの結婚と同時に大幅に改築したが古い母屋は当時のまま。なつかしい。
0429-2.jpg
いわゆる田舎の「本家」で長男の嫁として家を守ってくれている弟の奥さんの美和ちゃんとは実は高校生のころからの友人。お互いAB型ということもあって結構気が合っている(つもり!?)。
ちょうど端午の節句でこいのぼりがあったが、それを手で持って広い(ほんとに広い!)庭を駆け回って遊ぶ子どもたち。普段、保育園で元気に遊んでいると思っているツグだが、これだけのお庭を独占している従兄弟二人とは動きが違うんだよなぁ・・・。
私もこの家で追いかけっこ、木登り、屋根登り(?)などなど、好き勝手に遊んでいた。5人兄弟が庭の敷地を奪い合いながら遊んでいた。一番良くした遊びは、兄弟ゲンカかも(笑)。
実家のお仏壇に子どもたちと座ると、従兄弟たちは「ひいおじいちゃん」を理解している。ところがツグの中にはまだ「ひいおじいちゃん」という存在を認識していない。おじいちゃまのパパなのよ・・・と説明をしたけど、今ひとつ?
ちゃんとお花をお供えして、お仏飯をあげて・・・子どものころ、毎朝交代で私たちがしていたことを、いまは美和ちゃんが子どもたちに教えながら引き継いでくれている。
母には、「姑より小姑のほうが気を遣うのよ」なんて言われるが、すっかりくつろいで、子どもと一緒に遊んで、お昼寝までして(!)ゆっくり過ごす。この時間感覚、東京では考えられない!
そのあと、地元のお寿司屋さんへ。やっぱり瀬戸内の魚はおいしい!子連れで気楽にいけるのも田舎ならでは。
東京は大人をベースに街や飲食店が作られている。家族でふらっと・・・という感じもなかなか難しい。ほかのお客さまの視線が子連れだと冷たいと思うし。
東京という街は、子どもを許容する社会ではないのかもしれない。それは都会だから仕方ないのかもしれないが、都会で子育てをしながら社会との接点を求めている人にはつらいだろうなぁ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です