部内発表会

今日は待望の制作部の部内発表会。
朝10時30分からの社内プレゼンのため、各チームはいろんな資料をそろえてきた。
先週金曜日にがっかり・・・と書いた私のチームも、週末に高山くん、大橋くん、そして神崎くんががんばってくれて、PPTもシナリオも完璧!よしっ(笑)
やっぱりプレゼンは準備が大事!
0531.jpg
最近良くする話だけど、ウェブ制作のノウハウというのは、制作会社に一番蓄積されている。理由は、カンタン!顧客となる企業では事業再編や人事異動でなかなか長期にわたってウェブを担当される方がいないから。
異動に際して、新任の担当者への引継ぎがきちんと出来ていない場合など、下手すると顧客企業内より制作会社のほうにウェブ関連の情報が多くなっている場合も・・・(苦笑)
しかし、ウェブ制作会社においても人材の流動化は進んでおり、スタッフの定着率は低下傾向だ。私たちの会社でも5年以上、3年以上いるスタッフも多い一方で、最近は1年前後で退職する人も多い。
うちの場合は、職能の部門と、プロジェクトによるクロスの組織になっているので、比較的情報交換はしているほうだと思っているが、まだまだ満足できるレベルではない。
特にプロデューサーやディレクターそれぞれに、IT系やエンターテイメント系などの得意分野の仕事が集中してしまうので、それを全社で共有することはなかなか難しいのだ。
ということで、5月1ヶ月かけて各チームに、今後の制作部において重要だと思われている3つのテーマについて、実際の制作の事例もあわせてプレゼンしてもらうことにした。
内容そのものは大満足!
特に各人の持っている情報を発表することで、数時間で全社共通の知識へと発展させたことは大きな収穫だ。
今回作成した資料を活用することで、提案スピードのアップ、制作MTGにおける理解度のアップ、そして顧客満足度のアップへとつなげていきたい!
こんなテンションの高いスタートとなった今週。
夜はいつもお世話になっている常石造船の会長、伏見さんと同社執行役員の森さんと会食のアポ。お店は私のチョイスで「高麗亭」(笑)
テンションの高さはそのままに、焼肉に繰り出した私は大満足。みなさんもきっと満足してくれたハズ!?
食事の後は、森さんのリクエストでカラオケへ。
森さんとはもう8年くらいの付き合いだけど、カラオケ好きだとは知らなかった!
といってもカラオケって何年ぶり??という感じの私。
森さんのお相手に、当社のカラオケ部部長(!)の高山くんを帰宅途中の半蔵門駅でつかまえて、飛び入り参加を懇願。
最初は来るのを嫌がっていた高山くんだったが、お店に到着したらちゃんと十八番の山崎まさよしや徳永英明を熱唱。
雨傘もって中島くんも遅れて参加。伏見会長が最後に1曲歌われたが、みんな知らない歌で、ジェネレーションギャップ(苦笑)
なんだか週末みたいな月曜日でした(笑)

チームMTGで・・・

来週月曜日の制作部全体MTGでのプレゼン対策で、急遽、チームMTGを開催することに・・・。
バツグンのチームワークで資料収集や情報整理はほぼ完璧な状態。すごい!と思っていたのに、プレゼン対策となると急にみんな、黙り込む。う〜ん・・・(汗)
そりゃ、私がやればうまくはできるかもしれないけど、こういう経験をしっかり積むことも社内プレゼンのいい機会なんだから!とちょっと不機嫌モードに。
みんなが時間をかけて作成したものだからこそ、自信をもって、しっかりプレゼンしようよ!
どんな仕事でもそうだけど、プレゼンは、この一発で仕事が決まるという重要な仕事だ。みんなのこれまでの努力の評価も、プレゼンいかんで変わってくるのだ。
結果よければすべて良し!とは言わないが、プレゼンをおろそかにしてはダメ。自分が得た知識をしっかり確認して、伝えること。このスキルは、社会人としてとても重要なものだ。
もちろん、誰でも最初からうまくいくわけがない。
私だって、初めての内容でプレゼンするときは、話し言葉で原稿まで用意する(ホントに!)。昔は、途中で詰まったときのために、接続語をリストアップした付箋まで用意することもあった(苦笑)
徹夜で企画書を書いたり、デザイン案をデザイナーと一緒に作成したりして、そのままプレゼンに出かけるということも多かった。そんなときは、がんばってくれたデザイナーのためにも、もちろん会社としても、絶対にこのプレゼンを成功させる!という思いだった。
さて、そんなモードを吹っ切って、ライブドアとの新しいプロジェクトのキックオフMTGに参加するため、に六本木ヒルズへ。
今日は堀江さんも参加。実は仕事の場で一緒になるのは、初めて(笑)。
苛酷なスケジュールを言い渡して、堀江さんが部屋を退出したあとは、一気に現場は戦闘モード(!?)。メンバーも大勢で苛酷なスケジュールだけど、楽しんで仕事をしたいなぁ。がんばりましょ!
打ち合わせのあとは、昨年夏に「日経ビジネス アソシエ」の誌上コーチングでお世話になった細川先生とお食事。先日発売になった「生保最強営業マンの実践コーチング塾」も、上海から成田への機内で読んだところ。
昨年末のスタッフとの面談の際に、意識してコーチング・モードを活用した。それまで30分で終わっていた面談が一人90分しっかり話をすることができて、スタッフとの距離感が大きく変わった。そんな話をお礼も兼ねて先生に報告。
実は、細川先生はご自身もおっしゃるとおり「ボス・マネージャー」タイプ(笑)。
そんな先生が、実体験としてコーチングの有用性を訴えていらっしゃるから、リアリティがあるし、説得力があるんだとつくづく思う。
最近は、社長に対してのコーチングも多いとか。コーチングというより、経営コンサルタント的な内容だそうだ。先生のビジネスコーチングで業績を伸ばす会社が続出かも!
7月には個人面談が控えている。今回も、コーチング・モードに切り替えて(?)がんばろう!

第6回広報塾

今週もあと二日。目の前の現実をちゃんと見ながら、気分を日本モードに戻してスタート!
午前中は、MTGを1本。その後、お昼過ぎまで書類の整理やメールの処理。
遅めのランチは、篠原さんと高山くんと渡辺君と一緒に今お気に入りの讃岐うどんのお店「たれ半」へ。
そこで熊谷さんと大原さんを発見。私たちと入れ違いで、上西くんたちもいたらしい。う〜ん、しっかり社食として機能している(笑)
ここでは、Blog非公開の中国秘話を一挙公開。ここに書けないことって結構あるんだよね〜(笑)
なぜか6人分の支払いをして、会社に戻る。熊ちゃんも大人になったなぁ・・・(苦笑)
0527.jpg
さて夜6時30分からは、広報塾
講師は、「日経ビジネス アソシエ」の渋谷編集長とビームスの金田氏。
渋谷編集長は雑誌におけるコンセプトのお話。30代を中心に人気の「アソシエ」の秘密をたくさん聞かせていただいた。個人の顔が見える企業社会へと移行しつつある現在、広報担当者もそれを意識した情報収集、情報発信をして欲しいというメッセージも。
金田氏からは、ビームスの成功の秘訣として「感性」を重視したレーベル開発や組織について興味深いお話をきかせていただいた。特に「感性のタイムラグピラミッド」のお話は興味深かった。
今回は会場の都合もあり30名限定。お断りしてしまった方々、申し訳ないです。ごめんなさい。
毎回参加の熱心な方々もいて、最近は和やかな雰囲気になってきた。そろそろ懇親会の企画でもしようかな・・・。

出張レポート

今日は、帰国。3泊4日ってほんとうにあっという間だけれど、中身が濃いから、1週間くらいいた気分になってしまう。
朝一番で、神原汽船の方々のマンションを見学。上海の物価や生活環境についてヒアリングをした。
上海では住宅建築ラッシュ。新築も沢山あるし、4,5年たったものでも、十分使えそう。内装の趣味も悪くない。しかも、オーナーが家電製品一式用意してくれているからすぐ使えるのも魅力。
正直、こっちに引っ越したいくらい(笑)塩川さんと二人で溜息を連発してしまった。
0526-2.jpg
これだけ中国出張が増えると、毎回一番頭を悩ますのがお土産。
過去のヒットは、天津甘栗の皮をむいたもの。「甘栗むいちゃいました」の中国版。これは手軽だし、日持ちするし、味もOK。
上海の夜景の絵が入っているチョコレートもよかった。これは、昔懐かしい色鉛筆のケースにチョコレートが敷き詰められているもの。
それからお茶!茉莉花茶と薔薇茶は個人的に一番気に入っている。中央にお花をいれて茉莉茶の葉でボール状に包んだもの。カップに1ついれてお湯を注ぐと葉が開いて香りも目も楽しめる。薔薇茶は、数個、お紅茶に入れたり、そのままポプリとして使ってもいい。
今回お土産は、上海浦東空港で見つけたご当地プリッツの中国版に決定!
味のほうはどうかな〜。
さて、夜8時ごろ、元気にオフィスに到着!
もう、みんなにいろいろ話したいっ!と、やる気満々の私につかまったのは、中島くんと榊枝くん。
ところが・・・・この二人、かなり冷静なんだよね(苦笑)
こんなにいろんなプランが浮かんでいるのにぃ〜!!ということで、だんだんイジケモードになってきた(涙)
ま、おかげでうちの会社はバランスが取れているんだけどね。
いよいよ中国プロジェクトも第2フェーズが見えてきた!と、手ごたえばっちりの出張だった。
特に、今回は半ば強引に(?)塩川さんを誘ったけど、実際に中国を見てもらえて、理解もしてもらえてうれしい限り。
ということで、次回のターゲットは中島&榊枝に決定!(笑)
いくら話しても、写真を見せても、現地でのエキサイティングなMTGは伝えることが出来ない。何事も現地確認が大事です!
私に洗脳(!)されているかのように、中国プロジェクト大推進派になった塩川さんに社内の啓蒙活動をお願いすることにしよう!

2004年日帰り杭州の旅

0525-1.jpg
今日は初の日帰り杭州に挑戦!
朝6時30分にホテルを出て杭州へ。片道2時間〜3時間。
往路は2階建て列車の2Fの軟座=グリーン車。これは快適!塩川さんとチケットの席が離れていたけど、目の前に座った中国人が英語を話せたので、交渉してもらって、隣の席をGet!よかった〜。
二人で1時間熟睡のあと、今後の中国プロジェクトについて激論(!)
やっぱり現時を体験してもらうと、話のスピードが違う!今回の出張はこの移動時間で目的の80%を達成。
杭州駅では、イーチャイナの李社長と高さんに出迎えてもらう。そのまま、イーチャイナへ。
スタッフも増えて会社らしくなってきたイーチャイナ。日本から遠隔マネジメントをする李社長の片腕として高さんの成長著しい!
杭州では、夏場の電力不足が最大の課題。まずは、停電対策について打ち合わせ。
0525-2.jpg
続いて、昼食をとりながら、両社の現状について意見交換。
昨年の11月からテストスタートした中国プロジェクトもほぼ予定通りのスケジュールで体制が構築できた。
言葉の壁、文化の壁を乗り越えて、このチームを作った双方のスタッフのレベルの高さに、ほんとうに満足している。
これからが本番。お互いの信頼関係を深めるよう確認をした。
午後からはアリババの日本サイト総監の佐々木氏を訪問。
4月の日本でのMTG以来、メールで双方の現状を確認しつつ、満を持しての打ち合わせ。
とりあえず、投げられたボールを返すことができたと思う。
この国のITベンチャーの雄の現状を見て、塩川さんは大興奮。こういう刺激は、現場じゃないと味わえないよね!
0525-3.jpg
その後、早稲田の岩村研究室のOGで杭州連衡商務諮問有限公司の代表でもある夏先生との打ち合わせでは、日本のIT業界の現状について、厳しい質問が続いた。彼女は日本語も理解しており、オンラインでの情報収集はすんでいる。それ以上の情報を要求されるので、こちらはたじたじ・・・(汗)
結局、夕方5時まで打ち合わせ。あ〜、時間が足りない!!
さて、アリババをあとにしたら、李社長から「実は、4時30分ごろからオフィスが停電になっています・・・」という報告が!
前回、私が杭州に来たときも二日連続で停電を経験している!ひょっとして私、停電女(?)
あわてて、うちのアパートにマシンを持って移動。今日最後の仕事のところでのトラブルに、日本側も同じことを言っていたりして・・・!?
0525-4.jpg
夜はイーチャイナスタッフみんなと会食。
日本語ができるスタッフは3名だけ。でも、日本のアニメや漫画の話などで、なごやかな雰囲気で食事を楽しんだ。
どうやらイーチャイナでは、私はコワイ人になっているようだけど(誰が言ってるの!?)、今日の会食で誤解が解けてくれればうれしい(笑)
午後8時杭州発の電車は、グリーン車のない一般電車。席のない人たちも大勢乗り込んだ電車で、緊張の3時間(笑)
やっぱり日帰りはきついなぁ・・・というのが実感(苦笑)
次回からスタッフに日帰りを強要することはないと思うので、ご安心を!

上海満喫

朝9時から神原汽船の上海オフィスへ。
日本語ができるスタッフを抱えている神原汽船、ならびに関連会社の採用方法や人材動向についてヒアリング。
今回は、新卒で採用した26歳のスタッフに直接インタビュー。中国の放送大学を出て、北海道大学大学院に進学。マルチメディアを専門にしている彼から、中国の学校におけるIT教育の現状についていろいろ話を聞く。
やはり上海とその周辺は進んでいる。広告関連のビジネスは人気も高いようだ。
そのあと、神原汽船とオンラインマーケティングについて打ち合わせ。
リアルの新サービス案も出て、いろいろ盛り上がる。実現まではいろいろ壁があるが、やはりいいサービスありき。その後、プロモーションだ。
こちらのほうは、クリック&モルタル(ふ、古い・・・?)でうまくいきそうな予感。
ということで、さっそく資料をまとめてみました(笑)
0524-1.jpg
正午過ぎに、杉浦くんと合流。
オフィスから徒歩15分ほどの豫園で昼食をとることに。
六本木ヒルズに出店したことで有名な小籠包のお店「南翔饅頭店」を狙っていたけど、30分待ちということで断念(涙)。その隣にある豫園らしい雰囲気の「緑波廊」で食事をした。
2時から中国、ベトナムで機械系の開発会社の総経理をしていた清原氏とMTG。
偶然、大学の先輩ということもあり、初対面にもかかわらず、かなりいろんなお話をお伺いする。中国での採用やスタッフマネジメントについて、抱負なご経験からのアドバイスは、即活用できそう!
ということで、さっそく神原汽船オフィスでいくつか手を打っていただくことに!このスピードが大事だよね(自画自賛?)
夕方、杉浦くんに今まで行ったことのなかった上海を案内してもらう。
中国国産のものからコピー品までさまざまな商品を目の前にして、Shopping is entertainmentとはこのこと!といった感じの価格交渉を披露してもらって、感激(笑)。
いやぁ、中国語ができたら楽しいだろうなぁ・・・。
今日入手した貴重品(?)は、社内報のアンケート回答者へのプレゼントとして提供予定。お楽しみに!
0524-2.jpg
さて、そんなひと時を楽しんでいたんだけど、実は、先週からの体調不良がぶりかえしてちょっと熱っぽい。明日の日帰り杭州に備えて、大事をとって病院に行くことに・・・。
病院といっても営業時間外だったので、いるのは受付の人だけ。
白衣を着た先生が、レトロな診察室で診てくれて、薬を出してくれた。この薬、効くといいなぁ。
ということで、初の病院体験もしてしまった(笑)
これで上海滞在はなにがあっても大丈夫!?
神原汽船のオフィスで引き続きメールの処理などをして、9時過ぎ(日本時間の10時過ぎ)に杉浦くんと再度合流して、新天地へ夕食に。
かなり遅めの夕食になったけれども、これはこれで楽しかった。詳細はちょっと書けません(汗)
帰りのタクシーの運転手がホテルをわからない!というトラブルのおまけもあって、上海をフルに楽しんだ1日でした。
明日は杭州。アリババとイーチャイナ訪問。しかも初の日帰りに挑戦。
どうなることやら、乞うご期待!

上海夜話

2ヶ月半ぶりの中国訪問!
日曜日の出発ということで午後のフライトにしたけれど、予想通り(?)中国東方航空の出発は30分遅れ・・・(苦笑)
今回は、塩川さんが一緒。初めての中国訪問が私と一緒でちょっと気の毒・・・。
30分も早く東京駅についてしまった私は、成田エクスプレスのホームで、大橋くんに借りた「ひとりぐらしも5年め」を読む。成田エクスプレスの中で、塩川さんと合流。
この本にめちゃくちゃはまってしまった私は、成田エクスプレスでもず〜っと読んでいたので、ほとんど会話ナシ。ごめん、塩川さん。
ということで、実はこの本、国内で読み終えてしまいました(笑)
行きの飛行機の中では、ライブドアの羽田さんの新刊「売り上げがぐんぐん上がるメルマガ・Eメール虎の巻」を読破。
ていねいな語り口調の文章は、羽田さんらしい。事例も豊富だし、この本でメールマーケティングの基本はOK!といった良書です。
0523.jpg
上海では、太陽商事の筒井社長、それから神原汽船のメンバーと合流して、浦東にある「上海人家」で夕食。
今日は、青島非凡会であった松澤瓦店の松沢社長や、昨年の常州で知り合った儲氏も同席。
筒井社長の日本の旧態依然とした価値観、企業のあり方に対する辛らつな意見を、みんなでうなずきながら聞く。
儲さんとは昨年の秋以来の再会。
彼は、常州のインキュベーション施設に入居しているベンチャーの社長。日本語も堪能だ。CADやFAの開発を中心に事業を展開しているようで、塩川さんとITインフラや開発者のスキルに関する意見交換で盛り上がっていた。専門的になりすぎて、わたしは途中で脱落・・・。
二次会は珍しく(?)アルコールなし!
筒井社長の日中貿易への新しいサポートプランを中心にメンバー全員がざっくばらんな意見交換をした。エキサイティングな内容に、みんなのアイデアもいろいろ出てくる。こういう形でコラボレーションがスタートするのだと実感。
上海の夜は、とても刺激的。塩川さんはちょっと遠慮していたみたいだけど、この雰囲気、やみつきになるんじゃないかしら??