二度目の出会い

今日は、サポートの西田さんの誕生日。おめでとう!!社内にケーキが振舞われていました。おこぼれに預かった人も多いのでは?あと1年で30歳だねぇ・・・(笑)
社内の打ち合わせを何本かこなしてから、1本コンテンツのラフ案を作って(これは、ほんとうは明日の予定だった!)メール添付してから、あわててオフィスを飛び出して、財団法人マルチメディア振興センターへ。
今日はここで開催されるeビジネス異業種交流会にスピーカーとして参加した。
毎月1本講演をする!という目標どおりに、今年に入って自社主催セミナーも入れると6回目の講演。
1月のセミナー講師で、アビームコンサルティングの岡さんからいろんなアドバイスを受けたので、ずいぶんしゃべりも慣れてきた。とはいっても、やっぱり緊張する(苦笑)
ポイントは、顧客(聴衆)の関心や参加意識。誰がどういう目的で参加している会なのか、しっかり認識してテーマを決めるようにしている。
今日は企業のウェブサイト活用を軸に、そこに内包しているリスクについて、ちょっと脅し気味(?)にお話させていただいた。
もう一人のスピーカーは、JALブランドコミュニケーションの濱田氏。
今年32回目を迎えるホノルルマラソン参加企画など、JALが独自に実施している企画について楽しいエピソードを盛り込みながら、お話された。
濱田氏は、機内エンターテイメントやオンラインのJALTVもご担当とのこと。
私たちがカプス時代に、国内線のオンライン予約やインフライトエンタテイメントのサイト制作を担当していたことなどをお話して、かつてお世話になった方々のご様子などを教えていただいた。なんだが、すごくなつかしい。
なつかしいといえば、今日の会でとてもなつかしい方に再会した。
NECのBIGLOBEの川崎氏だ。
私の生まれてはじめての営業メールは、当時のPC−VANに送ったメール。ビジネスメールをどう書いていいかわからなくて「時下、ますますご清栄のことと・・・」なんてメールを送ったことを思い出す(汗)
まだ原宿にオフィスを構えていた当時、原宿まで打ち合わせに来ていただいたこともある、ほんとうに初期にお世話になった方だ。
そこから始まったご縁で、NECさまとはイントラネット向けのサイトからビジネスショウのイベントサイト、女性向けサイトなどなど、ほんとうにたくさんのお仕事を担当させていただいた。
川崎氏は、今日のプログラムのご案内から、偶然、私の名前を見つけてくださったそうだ。社名が変わっていたけれどすぐにわかったといっていただき、ほんとうに感激!
懇親会の会場で、昔話が弾んだ。
1990年代後半を振り返ると、お金を頂戴しながら、実はビジネスを教えてもらっていたという感じ。
なんといっても私たちはウェブサイトを作る事が楽しかったし、新しいことに挑戦したかったという貪欲な時代。
今の私に当時の貪欲さがあるか?と聞かれれば、答えはNOかもしれない。
あのころは、スタッフも少なかった。守るものも、失くすものも少なかったのだ。
人数が増え、守るものが増えた今、好奇心やチャレンジ精神を失っていないか、仕事を楽しんでいるか、お客様とちゃんと対話しているか・・・。
初めての人たち、そして2度目の出会いをした人たち。
大勢の方々とのご縁の中で、一生懸命だった自分を思い出した。そして、置き忘れてきたものについて考えさせられる夜だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です