ベガス日記・番外編

5泊6日の初ラスベガス。滞在期間中に見つけた面白いものを紹介!
ちなみに本編は移動日用です(笑)
0730-1.jpg
まず、エンターテイメント施設、どこに行っても写真サービスが充実していた!それも、アトラクション終了後、売りつけられる(笑)という感じ。
マンダレイベイの水族館では、モニターで写真を確認して、拡大版はもちろん、キーホルダーやカードなどを注文できるというシステム。
すごい!と思っていると、写真の受取所でおじさんが怒鳴っている・・・。どうやらオペレーションミスで彼らの写真がなかったらしいのだ。う〜ん・・・。
0730-2.jpg
続いて、ラスベガスのタクシーで発見した広告。
助手席の後ろに設置されているのは広告用のタッチパネル。飲食店はもちろん、その日のイベント情報などが紹介されている。その場で関心のある施設の情報を入手できるほか、クーポンが入手できる。「グルナビ」のタクシー版?見たいな感じ。
これは子どもたちもとても喜んでいた。いたずら防止は考えたほうがいいかも・・・(苦笑)
ちなみにラスベガスのタクシーはきれいだし、ドライバーもフレンドリーで安心して利用できる。この広告、NYではぜったいに普及しない!?
0730-3.jpg
それからびっくりしたこと。
この街では、24時間結婚式があげられるらしい。
アメリカの某アイドルが結婚して数時間で離婚した!というのも、ここラスベガスでの話。某ホテルでは、1日150組が結婚式をあげたとか?
私たちが滞在中に、ほぼ毎日、結婚式をあげるカップルを見かけた。さぁ、あのカップルはいつまでもつのか(笑)
最終日には、なんとセグウェイをラスベガス・プライベート・アウトレットで発見!
発見といっても売っているのではない。アウトレットの警備員らしき女性が、華麗に(?)乗りこなしていたのだ。写真を撮り損ねたのが悔やまれる。
日本では、KNNの神田さんが輸入代理店契約をしているけど、道路交通法でまだ公道では利用できないようだ。相変わらずだなぁ、日本って。
0730-4.jpg
最後に今回の旅をコーディネートしてくれたネバダ観光の桜井社長&城家さんをご紹介!
子連れラスベガスの旅ということで、ホテルの部屋からレストラン、ショーまで、ほんとうに細かい配慮をたくさんしてくださり、大満足の旅になりました!
コムデックスが今年は中止で、イベントにかこつけて再訪しようと思っていた私は、がっかり・・・。でも、機会を作って、今度は大人のラスベガス!を体験したいなぁ。
ちなみに今回のラスベガス訪問では、カジノは一切していません!次回のお楽しみということで・・・(笑)
さて、今週お届けしたminako’s blog 夏休み編(!?)もこれでおしまい。
実は、このBlogをはじめてから何人かの人に、「家庭サービスしてる?」と聞かれて困っていた。確かに、仕事や家庭のことを書く・・・なんて言っていたのに、ふたを開けたら仕事ばかり(汗)
この1週間で名誉挽回できたらいいなぁ・・・(笑)
来週からはいつもの仕事モード、悩める社長モードに戻ります!
■番外編の番外編?
【国立オペラ・カンパニー 青いサカナ団】をご存知ですか?
神田慶一氏を中心に、国内の独立系オペラ団としては、もっとも若いメンバーが旧来のオペラの印象を一新すべく活動しています。
指揮者としても、作曲家としても注目されている神田氏は、同世代とは思えない落ち着いた方。ご自身でイメージビジュアルを油絵で描くなど、才能あふれる方。
ご縁があって(というよりも、押しかけで?)この青いサカナ団のウェブサイトの制作・運営を担当させていただくことになり、今回サイトをリニューアル公開しました!
9月2日には設立15周年記念演奏会が予定されています。
日本のオペラシーンに新しい1ページを刻んでいる・・・そんな青いサカナ団に、ぜひ注目してくださいね!

ベガス日記Vol.4

いよいよ最終日!
朝6時に起きて、ヒロリン&ひろママをホテルのロビーまでお見送り。その後、「Cafe BERAGIO」で桜井さんと朝食。
今日はショッピング&話題のパフォーマンス「Blue Man Group」に行くことに。
0729-1.jpg
まずは「ALWAYS LOW PRICES.」のウォルマートへ。
小売業で全米1位のウォルマートでは、ほんとうになんでも安い。通路の広さ、店舗の明るさ、そして店内のポスターなど、いかにもウォルマート。
目に付いたのは、現在公開中のスパイダーマン関連グッズ。Back to SCHOOL Sallということもあり、ランチボックス、筆記具、靴、服、ベッドリネンなどなど、いたるところにスパイダーマン・グッズが並んでいる。
映画公開と商品投入の絶妙なタイミング。そして短期間で売り抜く、驚異的な販売力をまざまざと見せ付けられた。
ちなみに会計時には、自分でバーコードを読み込ませ商品を詰める、セルフ・チェックに挑戦!ちょっと緊張した(笑)
ランチは「IN-N-OUT」でハンバーガー。
ここはレストラン&インスティテューションのチェーン店ランキングで全米一位のお店。
ファミリー経営を貫き、現在、全米で約150店舗を展開している同店のメインメニューは、ハンバーガー、チーズバーガー、ダブルバーガーの3種類しかない。フライドポテトも毎日お店で皮むきからするとか。味はもちろんGood。ハンバーガーっておいしい!ということを再確認。Mでは味わえないなぁ。
ちなみにウェブサイトではオリジナルグッズの販売も展開している。
その後、ラスベガス・プライベート・アウトレットへ。
やっぱりアウトレットでのお買い物は楽しい!社内報のプレゼントもしっかりGet。お楽しみに!
0729-2.jpg
夜は、昨日に続き、ラスベガスで話題のショー「Blue Man Group」を観に、ルクソールへ。
実はツグがタクシーの広告などで「ブルーマン、ブルーマン」としきりと騒ぐので、朝、ネバダ観光の桜井社長にお願いして、チケットを手配してもらったのだ。
お昼寝抜きで出かけたにもかかわらず、ツグは大興奮!トイレットペーパー(?)を利用した演出は爆笑もの。
シュールというか、アバンギャルドというか・・・こういう楽しいショーは初めて。
ハリウッドでもなく、ニューヨークでもなく、ラスベガスでショーを楽しむ。やみつきになりそう・・・。
ウォルマートで購入した子ども用のオモチャをスーツケースに詰め込んで、明日はいよいよ帰国。
来週はもう8月。夏休み気分を吹き飛ばして、仕事モードにならなきゃ!ですね。

ベガス日記Vol.3

一足早く、明日帰国するヒロリン&ひろママと相談して、せっかくベラージオにいるんだから!ということで、今日はホテルでゆっくり過ごすことに。
まずはプールでリゾート気分を満喫。
日中は気温が40度を超えていて、水に入っていないとやってられない感じ(汗)。
プールカフェでのランチもはさんで、ちゃんと1時間ごとに休憩をとりながら、4時間ほど過ごす。
その後、お昼寝をしてから、早めの夕食は、ラスベガスでも人気のベラージオのバフェ。いわゆるバイキング形式のレストラン。
ラスベガス出発前に、がんばれ社長の武沢さんから推薦してもらっていたのでぜひ!と思っていたのだが、想像以上。コストパフォーマンスも高くてGood!
和洋折衷どころか中華、アジアンなんでもあり。おまけにデザートがめちゃくちゃおいしい。
ボイルしたエビ、スモークサーモン、サラダ×2、ローストビーフ、スープ・・・あぁ、食べた量を思い出したくない(苦笑)
夜は、今回のメインイベント、シルク・ド・ソレイユのショー「O」へ。
シルク・ド・ソレイユは、世界最高といわれるサーカス集団で、日本でも「キダム」「アレグレア」で有名な彼らの代表作。ベガスに行ったことのある人たちほとんどから薦められた。
ネバダ観光の桜井さんにチケットの手配をお願いしていたのだが、なんと前から3列目の中央という席!しかも前から2列目までは、水で濡れてしまうので、ギリギリのところで迫力満点の最高の席だったとショーが終わってから、改めて気付いた。細かい配慮、ありがとうございます>桜井さん!
武沢さんもセリーヌ・ディオンのショーを最高の席で観たといっていたけれども、さすがです!聞くところによるとお客さまのためにショーやスポーツ観戦の最高の席のチケットをいつも手配しているとか。米国でのショーのチケットの手配は、ネバダ観光さん、お勧めです!
ショーそのものは文句なし。床が可動式の円形プールのステージで繰り広げられるアクロバット。豪華なステージ&衣装、そして最高のパフォーマンス・・・正直、はまっちゃいます。
実はこのショー、5歳以上からなのだが、上海雑技団を楽しんでいたので(比べていいのか?)、思い切ってツグも連れて行った。
本人はいたく気に入ったようで、オープニングの演出や、ショーの細かいところなど、興奮しながら話している。
こんな年齢でホンモノ体験ができるのは、ママのおかげだよ〜(笑)
楽しかったラスベガスでのバカンスも明日が最終日。
日中のプールのおかげでみんなこんがり(笑)。明日は欲張り過ぎないように過ごそうっと。

ベガス日記Vol.2

結局時差ボケのせいもあって、現地時間2時過ぎまで仕事。普段と同じ量のメール処理は問題なし!
時差を考えると、子どもが寝たあと、日本時間の夕方4時〜6時ころまでは、リアルタイムにレスができそうな気配!?
家庭サービス24時間じゃ、息が詰まっちゃいそうな私としては、ちょうどいい気分転換(?)かも。
さて、体調も復活しつつあって、朝も9時前に起床。でもやっぱりヒロリン&ひろママには遅れをとっている・・・明日こそは!!(笑)
起きてこないツグとパパを叩き起こして、今日のアクティビティを決定。
まずはマンダレイベイ、その後MGMグランドに移動することにした。
0727-1.jpg
マンダレイベイのお目当ては「Shake Reef」。4種類のサメを見ることができるという室内水族館だ。
DVDで「ニモ」を何度もみているツグからは、ニモに登場しているサカナの説明を名前から受けるはめに・・・(苦笑)
ちなみに写真は水槽を掃除していたダイバーとの記念写真。「ニモ」の影響で、ダイバーを追い掛け回してました(汗)
その後、MGMへ。これぞラスベガス!といったロビーの雰囲気(笑)
MGMでは、トレードマークのライオンを見よう!と思っていったんだけど、あまりの暑さに(?)ただ寝ているだけでちょっとがっかり・・・
ランチは、ネバダ観光の桜井さんリコメンドの「Rainforest cafe」。
ここは大正解!
並んで待つ時間も水槽を眺めて・・・という感じで、まったく苦にならない。
ゾウやトラ、サルなどがいたるところにいて、15分おきにスコールの演出!ディズニーランドのカリブの海賊の脇にあるレストラン(なんていうんだっけ?)の規模を大きくした感じ。
今回の旅行で最大の問題は、食事の量・・・。
とにかくボリュームがある!の一言。普段の私なら「食べ物は残さない!」ということで、ひたすら食べるだろうけど、ここでは珍しく(?)それが躊躇される。
理由は・・・周りにいる人たちのあまりにも大きな体だ・・・。反面教師が近くにいると理性が働く・・・といった感じ(苦笑)
「ファーストフードが世界を食いつくす」という本が話題になったけれど、ファーストフードの弊害はここにも・・・ですね。
0727-2.jpg
なんて書いておきながら、夜は有名なステーキハウス「MORTON’S」へ。
もちろん、残しませんでした・・・(汗)
それにしても、ツグの食欲には驚く。いくらたくさん歩いて、プールで泳いで・・・とはいっても、大人一人分はぺろりと食べてしまう。
もともときゃしゃなんだけど、日焼けして、たくさん食べて、どんどん成長している感じ。見た目だけでも、ちょっと強そうになったかも(笑い)
ホテルにある体重計が壊れているのをいいことに、食べ物については、好き放題の毎日です。

ベガス日記vol.1

時差ぼけで家族三人が朝4時過ぎに起きてしまう・・・。
昨日買出しで仕入れていたコーンフレークとフルーツで、夜食(?)。
ついでに私はメールチェック。ほとんどインターネット依存症・・・(苦笑)
先に2週間の米国生活をしていたヒロリン&ひろママは、きちんと朝起きて、お散歩に行った模様。私とツグは10時過ぎにパパに起こされて、やっとベッドを出る・・・眠いよう(涙)
とはいえ、狭くて広い街、ラスベガス。やることはたくさんあるので、さっそく行動開始!
街そのものが大きなディズニーランドみたいな場所。
それぞれのホテルが、テーマパークみたいで、ファミリー向けなのかと思えば、1Fは全部カジノというギャップも面白い。
子連れ旅行だから、できるだけカジノの近くは通りたくない!と主張するパパに、「ラスベガスに来ておいて、そんなの無理でしょ!」という私たち。理想と現実のギャップも大きい・・・(笑)
なんといっても主役は子ども。
ひろママも私も、普段は仕事第一だから、こういうときにしっかり家庭サービスをしておかなきゃ!というわけだ。パパも同罪(?)と思っていたんだけどなぁ(苦笑)
遅めのスタートとなったけど、まずは、ホテル・ミラージュへ。
ミラージュでは、白いトラ、イルカ、ゾウなどがいる「Secret Garden」へ。小規模な動物園だが、エデュケーショナルをテーマにしているのでショーのようなものは一切ナシ。園内いたるところでミストがあるため、暑さも気にならない。
そうはいっても炎天下の中、子どもたちは結構な距離を歩いたことになる。
ランチのあとは、パパと別れて私たちはホテルへ。
子どもたちをお昼寝させたあと、夕方からはホテルのプール。ここでもお子さま対策は万全。日焼けなんか気にしませんよ!!
7時からのショーを見ようとトレジャーアイランドホテルに出かけたけど、強風のため中止・・・。仕方がないので、パパと合流したあと、向かいのホテル・ベネチアンに移動。
もちろんゴンドラに乗りました!
一人15ドル、さらに乗る前に撮ってくれた(撮られた?)写真の料金が15ドル!!う〜ん・・・(汗)
夕食を食べて、ホテルに戻ってきたら、もう10時。
子どもたちはあっという間に寝てくれました!プールに入れると疲れ具合が、ちょうどいいかも(!?)
おかげでBlog書けるし、もちろん仕事もできちゃいます(汗)
とはいってもまだ初日。連日このボリュームで書くことは保証できませんよ!!

Fly to LasVegas

朝起きてから、朝食。
一週間の不在に備えて、今週は冷蔵庫の整理週間だった。
とにかく冷蔵庫に入っているものを片付ける。最後に残っていたのは、食パンと卵4個(笑)。
食パンは焼いてツグへ。卵は、スクランブルにして、パパと二人で片付けた。
昨晩干した洗濯機2回分の洗濯物をたたんで、ごみを出して・・・いざ、出発!
0725-1.jpg
成田では、上海に出張する塩川さん、高山くん、熊谷さんと合流してお茶。
はじめて上海入りする高山くん、熊谷さん。それから常州まで一人旅の塩川さんを上海で迎えるのは、千葉さん。
いろいろ心配だけど考えても仕方ない。千葉さん、よろしくお願いします!
三人と別れたあと、午後4時発のJALの直行便でラスベガスへ。
ラスベガス空港では、ネバダ観光の桜井社長が出迎えてくれた。
パパとツグを紹介して、いざホテルへ。
ホテルからショーのチケットの手配まで、今回の旅のアレンジは、ネバダ観光にお任せ。ラスベガスで旅行業を営んで10余年。社長としても大センパイだ。
今年は、実はネバダ観光のホームページを制作させていただいた。
初めてのラスベガスということで桜井さんが進めてくれたホテルはベラージオ。噴水で有名な豪華ホテル。雰囲気もいいし、なによりもリゾート感に大満足!
午後からはLAに来ていたヒロリンとママが合流。
今回のバケーションは2ファミリーで過ごすのだ。どちらも一人っ子同士。子ども同士で遊んでくれるから親の負担は少ないはず!という下心もある(笑)
案の定、2週間ぶりの再会にツグとヒロリンは大喜び。
0725-2.jpg
桜井さんたちとディナーのあと、ライトアップされたホテルの噴水ショーを見にホテルエントランスまで。
なんと26曲、26種類もの噴水ショーがあるそうだ。今日はセリーヌディオンのタイタニックのテーマ。日中よりも迫力があって、ロマンティック。
充実した1日を過ごして、大満足!
移動の疲れをしっかりとって、明日からアクティブに行動するぞ!

十人十色

明日からいよいよ夏休み!
前日の土曜日の今日は、いつもどおり、子どもを保育園に連れて行ってから出社。
午前中は、管理部の窪木さん、午後からは役員の榊枝くんと打ち合わせ。
1週間というロング(?)バケーションだから、周りのスタッフのほうも、いろいろ準備が大変。会社に泊まりこみで、必要資料を作ってくれていた窪木さん。いつもありがとうございます!
まさか1週間も休みがとれるには、ほんとうに彼のおかげ。
どうしても自分で1から10まで把握したがる私にとって、人に任せることは、もっとも苦手なことのひとつ。
4月の入社から3ヶ月。想像以上の完ぺき主義(笑)にはびっくりしたけれど、信じて任せるに足る人材だ。彼との出会いに感謝!
さて、午後からは信ちゃんと打ち合わせ。
なんといっても月末の不在だから、請求書の押印やチェックなどの細かいことがたくさん。それから、7月に3周年を迎えた「オンライン広報サービス」の現状と、来月以降の対策についてディスカッション。
途中からタリーズに場所を変更。
半年に一度のペースで、これまでも彼とは朝までMTG(?)をしてきたが、今回は昼間、タリーズのテラス席で健康的(笑)。
今年はサービス部を彼に任せていたため、どうしても会話が少なかった。
席が遠くなった分、会話が少なくなった分、ストレスがたまっているようで、特にこの1ヶ月くらいは、お互いうまくコミュニケーションが取れていなかったと思う。
よく考えると、スタッフとのコミュニケーションは、10年やってきている。ところが、社内から役員を登用するようになってからまだ数年。
いま、役員のモチベーションに応えられていないのは、実は私のほうなのだ。
10年かけて手探りでみつけたスタッフとのコミュニケーション。一方で役員とのコミュニケーションについては、まだまだこれから。
身近にいる社長として、私の場合、いつも父の姿をイメージしてきた。父のマネージメントから学んだことも多かった。そしていまは、身近な経営者として弟や、堀江さんがいる。
社長のスタイルは十人十色だ。
もう、私の色ってあるんだろうなぁ・・・と思いつつ、それがどんなものなのか、言葉にできていない歯がゆさを感じている今日この頃。
信ちゃんと話をして気付くことは多い。せっかくの土曜日をつぶしちゃってごめんね。