ピュア・インターネット世代の壁

いま、私たちはインターネットを活用して、既存の雑誌メディアの情報から、個人のサイトまで、自由自在にアクセスして情報を入手することがあたりまえになっている。
これは逆に考えると、誰でも自由自在に情報発信できるということ。このBlogみたいに。
インターネット以前のビジネスルールを知らずにビジネスの世界に飛び込んだピュア・インターネット世代がぶつかる大きな壁・・・それは「常識」という壁だったりする。
いろんな疑問や不思議に「自分で折り合いをつける」人が多すぎたのかもしれない。そういう人たちの言動が重なってできた巨大な壁。
テレビで流れるわずかな時間のなかに、凝縮された一言。編集された言葉の周辺にあるさまざまな情報が、インターネットにはあふれている。もちろん、そのなかには嘘もあるかもしれない。逆に当事者の生の声を見つけることができるかもしれない。
私たち自身の情報リテラシーを、いままさに試されているんじゃないだろうか?
純粋すぎると傷つく・・・これは、ビジネスの世界でも同じなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です