不完全防衛

ファイルをひっぱりだして、履歴書、過去の面談の記録、そして去年の年末の面談時のメモに目を通す。
それぞれのスタッフと、初めて会ったときの印象は、鮮明に思い出すことができる。
いつも自信を持って採用しているわけじゃない。ただ、神さまに「いい人とめぐりあえますように・・・」とお願いしているだけ。神頼みで実現した縁だ(笑)
そして、いま、目の前にいるスタッフとのたくさんのエピソード。
10年いっしょにいれば、小さな断片かもしれない。逆に、短い時間だったら、そのひとつのエピソードが限りなくすべてに近くなってしまう・・・。
私は、とても臆病なのだ。過大な期待をもたせて、裏切ることがいやなのだ。
できることを、できるようにしか伝えない。
手の届きそうなハードルを設定してきたことから、いくつもの誤解が生じてしまったのかもしれない。
私自身がもっと変われば、一人一人に対して、いろんな絵を描いて、いろんな夢を見せてあげることができたのかもしれない・・・。
身近にいるスタッフへの接し方について、ある人が夫婦関係に例えて説明してくれた。
毎日顔を突き合わせている人に対して、説明するのが面倒だとか、照れがあるとか・・・。本当は一番、理解を求めなければいけない相手であるにもかかわらず・・・だ。
確かに私は身近な人とのコミュニケーションが下手かもしれない。距離感の問題はいつも、私自身にとって大きな課題だ。
スタッフとの距離、家族との距離・・・どちらも図星だ(汗)
一人一人と向かい合ったときに、自分自身について、そして会社について、ほんとうにいろんな角度から見られているということを痛感する。
もちろん無防備で面接に望んでいるわけではないのだが、思わぬところに地雷が隠れていたりする(苦笑)
いろいろ勉強になります、ハイ。

不完全防衛」への3件のフィードバック

  1. コメントありがとうございます!口ばっかな社長です(苦笑)
    文章で伝えたり、直接話したり、いろいろ努力しても距離ってあるんですよね・・・。
    でも、今できる限りの努力はしなきゃ!!と思ってがんばっています。
    これからもよろしくおねがいします!

  2. はじめまして。
    社長という職業の方が、こういうことを考えていらっしゃるんだなーと感激して、書き込みをさせていただきます。
    社員がこのブログを見て、社長がこんなこと考えてるんだーって思った時点で、もういい関係が作れているような気がします。さすがです。
    まあ、現状があまりにかけ離れてると、「口ばっかりか!」って思われてしまいますが・・・・。
    これからも、がんばってください。
    ブログ楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です