広報効果!

今日は、常石造船の人事担当執行役員の小田氏と情報システム担当執行役員の森氏が来社。
常石造船は弟が社長をしていることもあり、いろんな面でコラボレーションをしている。弟が社長に就任してから5年。いろんな改革をすすめている中で、もっとも大きなプロジェクトが、広報と情報システムだろう。
情報システムを担当している森さんは、実は私が送り込んでいる(笑)
1000人規模の、しかも製造業のERPのプランニングや設計ができる人間なんて、そんなに多くない。しかも、しっかりその企業に入り込まないとだめだ。
現場に飛び込んで大改革をしている彼とは、社内システムの刷新についていろいろ情報交換。
そして、人事を担当している小田さんからは、人事評価システムについて話をきいた。
久しぶりに造船の人たちと話をしたが、レガシーといわれている業界でありながら、オーナー経営。しかも業界一若い社長(!)ということで、かなりのスピード経営みたい。
それから、やっぱり歴史があるからか、人材の層が厚い!これはうらやましい。
当社で常石造船の広報を担当させてもらってちょうど2年。ウェブサイトはもちろん、オンライン広報サービス電子社内報、危機管理とフルパッケージでご利用いただいている。
あ、決してデバックをお願いしているわけではありませんよ!!(笑)
これまでもウェブサイトで進水式のストリーミング中継などをやったりしているのだが、今日はとてもうれしい話を小田さんから聞かせていただいた。
小田さんが人事担当になって3年だそうだが、新卒採用の応募者数が3年前の3倍(!)になっているというのだ。
この業界でこの規模の会社としてはダントツ。これは間違いなく広報効果!!
いつも広報のさまざまな効果をお話するけれど、実際に耳を傾けて、継続して広報活動をしてくださる会社はまだまだ少ない。
常石造船の場合、まず目に見えてわかる部分ではメディアへの露出頻度の増加だ。以前はほとんどメディアへの露出も無かったから、社内外でとてもよろこんでもらっていた。
でも、やっぱり業績への貢献とか人材採用へのいい影響がほしい!と思っていたのだが、新卒採用でそんなに効果があったとは!!
ちゃんと教えてよね〜(笑)
ちなみにオフィスで打ち合わせのあとは、1ヶ月ぶりに「高麗亭」。
ほとんど身内なので、かなりヤバイ話(!)も含めて、ざっくばらんに盛り上がった。
異業種の話って、刺激になります。
焼肉を堪能したあとは、私はオフィスに戻って仕事。久しぶりの東京出張のお二人はそのまま夜の街に消えていきました・・・。