秀山再訪

朝8時にホテルを出発して、虹橋空港から空路、舟山市へ。
島を縦断したところにある港から、秀山入り。
前回、2月の訪問から半年ぶりの秀山だ。
0831.jpg
舟山で乗船するときに、対岸に見えた青色のクレーンに驚いた。
こんな短期間で、こんな工場が出現しているとは!
前回訪問時に、父が「8月には・・・・!」といっていたのを、現場の人たちは、半ば呆れ顔で聞いていたことを思い出す。
そのときはまだ埋め立て途中の広い工場用地を前に、なんて無茶を言うんだろう・・・と思ったが、2週間ほど予定より遅れたが、実際にこうやって造船所が完成しているのをみると感無量だ。
造船業界で新しい工場を立ち上げた経験のある人は少なくなっている。そんな中、常石造船は、10年前にセブ工場を立ち上げ、そして、その経験をベースに、わずか数年で中国の離島に本社工場以上の規模の造船所を作ってしまったのだ。
会社はそのとき、そのときで勝負どころが変わってくる。
チャレンジしていくときの強力なリーダーシップ。そこから生まれた原型を維持・運営してく改善を推進するチーム。
両方のバランスが取れていることが必要だ。
かなり乱暴な(!)父とかなり慎重な(?)弟なのだが、いまの二人のコンビネーションは絶妙なのだろうなぁ。
チャンスは待っていても巡ってこない。チャンスを呼び寄せるためには夢を見なければならない。そして、不可能を可能にしていく現場力!
身近な事例、うまく研究して活用しなければ・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です