自信を持てばいい

一緒に失敗をしていくことで、お互いを知ることができる。失敗をせずに走り続けるよりも、立ち止まって、踏み込むことができる貴重な時間だ。
クレームからファンを作る、というが、社内においても同じだ。
スタッフとの関係を強化するには、トラブルがあったときこそ、お互いの考え方を知る、いいきかけになるのだ。そこでの対応力が重要なのだ。
渦中に飛び込む、そのタイミングと覚悟。それは、経験を積み重ねてできるようになってきたのだ。
社内で起こるすべてのことから、私は逃げられない。腹のくくり方ひとつだ。
頭のなかで考えたり、詰め込んだ知識だけじゃ、人は動かない。行動、その一言に尽きる。
失敗を認め、それに対処した自分に対して、次に同じ過ちは繰り返さないという自信にしていけばいい。
経験しないより、したほうがいいのだ。