天王山

21時からスタートした執行役員MTGの佳境は0時。
「終電が・・・」と思いつつも、心を鬼にして、そのままのテンションでMTGを引っ張る。
この辺で、やめるべきか、続けるべきか、悩むところではあるが、その場の雰囲気で、先に進めそうな流れの時には止めないことにしている。
来期に投入する予定のサービスが明確になり、スケジュールも見えているんだから、何をやるべきか、どう実現すべきかについて、掘り下げていった。
来年は、営業はもちろんだが、それ以上に開発が鍵になる。
受託業務(プラス社長のわがまま?)で鍛えられた当社の開発&制作メンバーとはいえ、来年のスピードについてくることができるか、正直不安だ。
リソースの確保、展開について、具体的な対策が必要だ。
営業について言えば、体制の大幅変更とあわせてツールの整備も必要。ここでも開発パワーがいる。
いろんなことをいろんな角度から考えて、意見を出して・・・。
あと一息で、まとまるはず。
ご家族の方々にご迷惑をおかけしていることは重々承知しているのだが、年内のミッションに加えて来期のアクションプラン作成している、今が天王山。
ご支援ください!

天王山」への1件のフィードバック

  1. うーむ、すごいですね。Intensive.
    でも、スピードは重要ですね。というか、スピードが命ですね。そのスピード感をマネジメントレベルだけでなく、現場レベルで自然と感じ取れる組織が強いですね。御社はそんなことを可能にしそうな雰囲気はありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です