二度あることは三度ある?

またまた日本企業の間抜けな規格争いがクローズアップされている。
次世代DVDで、ソニーや松下の提唱するBlu-ray Diskと、東芝・NECなどが提唱するHD-DVDに分かれて争っているが、米国の映画制作会社がHD-DVDを支持することになった。
ソニーピクチャーズを抱えるソニーはコンテンツ力をベースに独自規格に走るといういつものパターン。
そして、今回の映画各社の反応も予想通り。
ビデオのベータとVHS、そしてメモリースティックとSDカード・・・。学習しないのか、意地なのか。
ところで、日本のメーカーを二分にする恒例(?)の規格争い、利益を享受しているのは誰だろう・・・。深く考えなくても分かる答えなのになぁ。
私自身、1997年に伊丹監督とメイキングのDVDを作るときに、今のDVDの規格争いを直接見た。当時は東芝にご協力いただき、DVDを完成させたのだが、コーディングの仕方によってはソニーのDVDではきちんと再現されないかもしれないといわれたときには呆然とした。
もちろん両社のDVD再生機を購入して確認したが・・・。
なんて、ことを書きながら、実は週末の宿題がまだできていなくて、がんばっているんだけど、ゴールが見えない・・・。
資料作りに精を出してもしかたないのになぁ・・・と思いながら、手を動かす。明日には目処が立つかしら?スミマセン>Yさん!
そうそう、昨日の体調の悪さの原因を発見!
朝2カプセル飲んだ風邪薬、1回1カプセルだったのだ!!
普段飲んでいる薬が2錠っていうのが多かったので、説明を読まずに飲んだ私もいけないが、こんなに影響がでるものかと驚いた。
風邪の季節、みなさん、くれぐれもお薬の量を間違えないように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です