大阪出張2

050124.jpg
名古屋から新大阪、そして大阪へ。
新大阪から大阪へ行くのに、初めて「女性専用車両」なるものに乗った。
徒歩通勤の私は、この「女性専用車両」の存在は知っていたが、実際に見たのも、乗ったのもはじめて。
帰宅ラッシュの時間でもあり、両隣の車両がかなり混雑しているのに比べて、比較的ゆったりしていたのがうれしい。
と、ところが!!いたんですよ、男性が!!
でも、雰囲気をみたところ、ここが女性専用車両だと気付いていないのでは???という感じ(笑)
駆け込みで乗ったら女性だけの車両だったりした男性はどんな気分なんだろ、と、ちょっと心配してしまいました。

大阪出張2」への4件のフィードバック

  1. コメントありがとうございます>donpeiさま
    視線は、むしろ同情的(?)だったのでは?
    車両の色や中のシートのデザインなど、一目で「女性専用」という感じになると、donpeiさんのような被害者(?)は減るかも知れませんね。

  2. 私はやってしまったことありますよ
    女性専用者と知らずに、神原弥奈子さんも乗られた大阪の地下鉄にギリギリで飛び乗りました
    その乗った駅は始発駅のため、お客さんもまばらでした
    それもあって、全く気付きませんでした
    そのまま、空いている席に座り、次の予定を確認しつつ、うつらうつらと
    その後、3駅ぐらい過ぎたところでいくつかの視線を感じ、初めて女性専用者だと気付きました
    さすがに、その時は汗たらたらですね
    ただ、ここまで乗っていて、今更降りるわけにもいかず、そのまま寝た振りして新大阪まで乗ってしまいました
    きづいてから降りるまでの5、6分は非常に長かったのを覚えています
    乗ってからも、すぐ気付くような仕組みが欲しいですね、とインフラ側の問題にしてしまう私でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です