台北雑感

父の仕事の関係で、台湾には古くからの友人たちがいる。
今回も、JamesそしてJimmyといった同世代の友人たちが、家族や会社をあげて歓迎してくれた。そういえば、10年くらい前に遊びに行ったときに、夜飲みすぎてJimmyに叱られた(あきれられた?)っけ・・・(苦笑)
050204-1.jpg
050204-2.jpg
2年ぶりの台湾だったが、欧米や日本のブランドが百貨店や通りにあふれていた。
街を歩く女性はみんな、そのまま東京に連れてきてもまったく違和感がないくらい。
「モノが欲しい」「豊かになりたい」という上海や中国の人たちのエネルギーに対して、台北の人たちは、日本同様「いいモノにこだわりたい」「豊かに暮したい」ということに関心があるようだ。
実は到着してスーツケースを受け取ろうとボードを見たら、便名が見つからないというトラブルが・・・(汗)ぼーっとして人の流れについていっていたら、第二ターミナルに到着したにもかかわらず第一ターミナルまで来てしまっていたのだ!
中華航空のカウンターでそれを伝えると、私の荷物を第2から第1へ持ってきてくれるという。時間がかかることを覚悟していたのだが、いたってスムーズに運んでくれた!
これが上海だったら・・・と考えるとぞっとする(苦笑)
人々の暮らしや気持ちの余裕がないと、こういったホスピタリティは、生まれないよね。
050204-3.jpg
宿泊したホテルles suites Taipei もとっても気に入った。客室数59室の小さなホテルだが、デザインはもちろんコンセプトも新鮮。
このホテルには、ダイニングがないのだ。部屋以外のホテルはみんな自由に利用できるようになっている。ミーティングルームも完備。広いラウンジにはPCもあってくつろげる。
よく考えると出張や旅行では、ホテルで夕食を取ることってほとんどないから、ダイニングがないのはまったく問題ないんだよね。もちろんルームサービスはちゃんとあるし、ラウンジでの朝食のサービスも、他のホテルのエグゼクティブフロアのような雰囲気。ちょっとグレードの高いビジネスホテルとして人気なのも納得。
現地でのアポイントメントのアレンジから、必要な人のリサーチ、市場調査など、想像以上の成果をあげられたのは、Jamesと彼のスタッフのサポートのおかげ。
もちろん、先月から私の秘書をしてくれている渋谷さんが出張の主旨を的確に理解してくれて、日本からオーダーをいれてくれていたことも大きなポイントだった。ありがとう>渋谷さん
この出張の反省点といえば、ブログの更新頻度を見ても、お分かりの通り、宿題が進んでいないこと!
毎日10時前にホテルに戻って、1時に寝るまでほとんどPCに向かっているのに!しかも朝5時過ぎから起きているのに!!なんでこうなるんだろう・・・(涙)
藤田さんのブログで、毎週末着実に原稿を書いている様子を見てはため息をついてしまう・・・
今週末こそ、がんばります!
追記
昨日、今日と久しぶりに長いブログになっちゃった(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です