ご意見番、登場!

今日は、久しぶりに社内のご意見番(!)二人とMTG。
みんなが、それぞれの立場から会社のこと、スタッフのこと、クライアントのことを一生懸命考えてくれていることがうれしい。
そして、いつも思うのが、「私の考えていることをわかってほしい」というのは、思うだけではダメだということ。
きちんと言葉にして説明しなきゃいけない。
しかも!
今日の話では、会社として「公式」に話をするのではなく、もっと日常レベルでの情報提供やコミュニケーションが必要だということ。
これについては、もちろん意識している。
しかし、権限の委譲を進める上で、私もぐっと我慢しているということも分かってほしいなぁ・・・。
あ、また「わかってほしい・・・」なんて思っている(汗)
会社は変化し続ける。
変化に強い組織を作るには、どうすればいいか?
個人に依存しないシステムを作っておくこと。
そして、どういう環境や状況にも適応できる、強いDNAを持っていること。
「仕組み」と「文化」、この二つについて、両面から考えていかなければならない。
仕事はできる。人一倍がんばっている。
勉強もしている。いろいろ提案もしてくれる。
でも、人を動かすことができなければ、組織じゃない。
相手の話したいことを聞いて、相手の目線に合わせて、自分のやりたいことを伝える。
管理職のコミュニケーション能力の向上は大きな課題ですね。
それにしても・・・
おなかがすいている時間に、おいしい焼き鳥やモツ煮の話をしながら、プレッシャーをかけるのはやめて欲しい(苦笑)
みんな、私とのコミュニケーションがうまいというか、したたかになったというか・・・(汗)