春の海

午前中は父のインタビューに同席。
グループ報のリニューアルのためのインタビューなのだが、取材嫌いの父にこのインタビューをセッティングするのがどれだけ大変だったか!
3月にしては暖かく、快晴ということもあり、テラスでのインタビューとなったが、時々立ち上がったり、歩いたりしながら、何とか2時間弱付き合ってもらった(苦笑)
その後、境ガ浜へ魚釣りに。
私たちが子どもの頃は、毎週末父に連れられて魚釣りや山の散策に出かけたものだ。仕事に夢中の弟たちは休日もほとんど留守のため、今もその役目は父。
釣竿の用意をし、孫を引き連れて釣り用のエサを買って・・・よく面倒を見る。
釣り針にエサをつけるのはもっぱら私の仕事。
ところが、今日は、エサに食いつく魚さいない。
普段は「疲れるほど魚が連れる」と叔父たちはいっていたのに、子どもばかりということで魚も相手さえしてくれないのだろうか(苦笑)
1時間ちょっと粘ったけれども、結局、収穫はゼロ。
納得できない子どもたちに、父が仕掛けていた蟹籠を揚げにいくが、こちらのほうも空振り・・・(涙)
「魚釣りは忍耐だよ」って、言ってクラブハウスで遅めのランチで、子どもたちもやっと納得。
やっぱり太陽の光を浴びると疲れるのか、帰りの新幹線では、明日の株主総会の資料に目を通すつもりが、ツグと一緒にしっかり熟睡・・・(汗)
これから一仕事です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です