兵は拙速を尊ぶ

4月最初の土曜日の今日。
お花見日和の東京にもかかわらず、執行役員を集めてフォーキャストMTGを実施!
第1Qは、本当に体制整備の助走期間。
昨年10月に発表した今期のミッション。それにあわせての整備は着実に実施できたと思う。一部出遅れた部門があったが、そこはスタッフの増員で対策済みだ。
あらかじめ助走期間用に設定された予算でもあったし、4月からの第2Qが勝負だ。
先日発表した4月からの体制とメンバーについては、すでに時間をかけてディスカッション済み。
誰にどの役割を担当してもらうかも、ずいぶんイメージが固まっていたようで、4月1日にはさっそくチームごとにキックオフMTGが開催された模様。
改めて自分のチームのスタッフと向き合うことで、気付いたことも多かったのでは。
とはいえ、受託制作を中心としてきた組織から、純粋にサービス中心の組織に切り替えたのは初めてのこと。
制作スタッフの気持ちの切り替えのためにも、強力なリーダーシップでチームを引っ張って欲しい。
今日のMTGでは、各サービスのアライアンスとマーケティングの課題が検討された。
3月に実験的に展開したマーケティングでいくつかの指標も見えてきた。これらをベースに各アクションに対してのPDCAサイクルのスピードをあげていかなければ。
楽天だって「スピード!!スピード!!スピード!!」といっているのだ。
小さな組織の私たちは、それよりももっと早くなければならない!
「兵は拙速を尊ぶ」。
1日、1時間を無駄にしてはいいけない!

兵は拙速を尊ぶ」への1件のフィードバック

  1. 兵は拙速を尊ぶ

    孫子作戦篇に次のような言葉がある。 「兵は拙速を聞くも、未(いま)だ巧(たくみ)の久(ひさ)しきを賭(み)ざるなり。夫(そ)れ兵久しくて国に利するは未だ之有らざるなり」 意訳:作戦は多少不具合があってもスピードがあればうまくいくが、戦いを長引かせるとうまくいかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です