いつもの上海

1月以来、3ヶ月ぶりの上海。
浦東空港にはミンくんが迎えに来てくれて、上海のオフィスで米浜さんと再会。
米浜さんが赴任してからもう2ヶ月。彼女にとっても、私にとっても、あっという間だった。元気そうな様子に一安心。
中国の情勢について、出発直前の成田まで携帯に情報が入ったりして不安もあったが、実際に現地に到着してみると、いつもと変わらない上海。
もちろん注意はしたほうがいい。
不買運動を促したり、日系企業のフリーダイヤルに電話をかけろ!といったような内容のチェーンメールも出回っているらしい。マスメディアでの情報は規制できても、ネット情報はどうにもできないというのが現状だろう。
050412.jpg
夜は、青島経由で上海入りしたシーちゃん先生と、現地で活躍しているプーアール茶で有名な(!)藤本さん、藤本さんの友人の石倉さんと、おなじみ杉浦くん、米浜さんとアメリカ大使館近くのお店悠菜坊」へ。その後、近くにある人気のカフェ「ラピスラズリ」。
どちらも藤本さんのお勧めで、百式の田口さんもお気に入りのお店とか。
上海は初めてというシーちゃん先生は、上海がとても肌にあったようで、元気、元気(笑)
上海の勢いや上昇志向は、いろんな人にいいエネルギーを与えているんだと、改めて実感。昨年は2ヶ月に一回くらいのペースで上海に来ていた私としては、3ヶ月ちょっとのごぶさたでエネルギーを使い果たしていたかも・・・と、反省。
新しい体制で米浜さんを中心に、既存の枠にとらわれずに上海でいろんなことにチャレンジしていきたい!

いつもの上海」への1件のフィードバック

  1. 土曜日、デモが上海でもあるらいいので気をつけて。ラピスは僕もお気に入りです。うちの会社のすぐそばですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です