三菱商事アート・ゲート・プログラム・オークションに今回も参加しました

2008年10月に行われた「三菱商事アート・ゲート・プログラム・オークション」の第一回に続いて、第二回目の今回も、友人と一緒に参加して来ました。
・三菱商事アート・ゲート・プログラムのオークションへ行ってきました(from minako’s blog 2008.10.05)
この「三菱商事アート・ゲート・プログラム・オークション」では、その作品を創ったアーチストのほとんどが参加して、作品への思いを直接語ってくれるのが大きな特徴だと思います。


現役の学生から、大学や大学院を卒業したばかりの、ほんとうに若手アーチストが、ちょっとぎこちない感じで作品を解説する姿はとっても好感が持てます。
オークション開催前の内覧の時にも、アーチストが出展する作品以外の作品集を見せてくれたりする時間もあって、それもまた楽しいです。
「これはオークションではありますが、学生支援です」という京都造形大学の客員教授でサザビージャパンの社長だった柴山さんの言葉に、ついついパドルをあげてしまう人も多いのでは(笑)
・若手アーティストの育成とキャリア支援を目指して「三菱商事アート・ゲート・プログラム」(from三菱商事 環境・CSR活動ウェブサイト)
CIMG1343

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です