『グランズウェル』

グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略
さまざまなデータを提示しながら、企業の失敗事例や成功事例が紹介されているこの「グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略」は、消費者と直接コミュニケーションをとることにこわがっている人や企業にとっては、まちがいなく必読書の1冊です。


マスメディアに100%依存してきたマーケティングやPRが、ネットと両立という過渡期を経て、ネット主導へと、その体勢が見えているにもかかわらず、変われない。あるいは頭では理解しているのに、体がついてこない、組織がついてこないというジレンマを抱えている・・・そんなあなたに、おすすめです。
実はこの本を最初に知ったのは、POLAR BEAR BLOGでの原書の書評。
・【書評】Groundswell(from POLAR BEAR BLOG 20080627)
原書を手にするか、翻訳本を待つか、そのときちょっと悩んだのですが、気がつくとPOLAR BEARさんのもう一つのブログのほうで翻訳本が紹介されたので、迷わずポチ。
・この冬、必読の一冊『グランズウェル』(from シロクマ日報 20081114)
きっと、今年話題の1冊になると思いますよ。

グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略
シャーリーン・リー ジョシュ・バーノフ
翔泳社
売り上げランキング: 2399

『グランズウェル』」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です