『三国志』熱、再来

映画『レッドクリフ 』を観て以来、久しぶりに『三国志』熱が再発していたのですが、なかなかまとまった時間がとれず、結局、年を越してしまいました・・・。
が、そこは『三国志』との縁というのか、9歳の息子への友人たちからのクリスマスプレゼントが、なんとこの「三国志 」だったのです!


三国志
吉川英治原作の『三国志』のマンガ版があるなんて、知りませんでした!!
本人は、もらったその日のうちに全5巻を読み切ってしまう熱中ぶり。彼にとって初めての『三国志』ですからね。
マンガも含めて、『三国志』なら手当たり次第(笑)な私ですが、一押しは陳舜臣の『秘本三国志 』。これは、故伊丹十三監督からすすめられたんです。私の曹操好きは、どうやら陳舜臣本から来ているようです。
ということで、『レッドクリフ』の曹操描写には、ちょっとがっかりな私です(笑)

秘本三国志 (1) (文春文庫 (150‐6))
陳 舜臣
文芸春秋
売り上げランキング: 136767

『三国志』熱、再来」への4件のフィードバック

  1. I simply want to mention I am newbie to weblog and truly liked you’re web blog. Probably I’m want to bookmark your website . You actually have terrific well written articles. Appreciate it for sharing with us your web page.

  2. オンラインリーダーの多くが正直にしかし、あなたのサイトは本当に素晴らしい、それを維持することが私はありませんよ!私は先に行くと道を戻ってきてあなたのウェブサイトをブックマークします。多くの感謝

  3. 私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ???PR???????????&????????? : minako’s blog : ????????? . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。

  4. 陳舜臣は10年ぐらい前に、その名も「曹操」という小説を書いています(確か上下巻+「残夢」という番外編)。
    ちなみに経営者には、曹操ファンが多いらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です