うちの社長は、なぜ「ああ」なのか

うちの社長は、なぜ「ああ」なのか
うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』・・・社長としては、とっても微妙なタイトルですが(笑)、あの「営業マンは断ることを覚えなさい 」の著者、石原明さんの本です。


しかも、こちらの友人社長も読んでいます!これは、スルーできません(笑)
・うちの社長は、なぜ「ああ」なのか By 石原 明(from「 IT so easy! 時空社長の日記」2009.02.09)
ケーススタディとして登場してくる社長さんは、みなさん中小企業の社長。とても経営に熱心でまじめです。そもそも、中小企業の創業社長や2代目社長で不真面目な人に会ったことがないような気がします。
社長が一生懸命だからこそ、困る・・・というのが中小企業の大きな課題なんですね。いや、耳が痛いというか、笑うしかないといったようなシーンがいっぱいです(苦笑)
社長のタイプを5つに分けていて、それぞれのタイプへのコンサルティングの内容もほんとう絶妙です。いわゆる「経営書」には書いてないことばかり。
そもそも「経営書」は、米国事例が多かったり、仕組みが整っている大手企業の成功事例がほとんどです。
一方で、中小企業の場合は、社長のキャラで成立している・・・と言ってもいいのではないでしょうか???(自分で書いていて、変な気分ですが・汗)
中小企業の場合、社長の理解からはじめなければ仕組み化は難しいと改めて感じました。大手企業からベンチャーや中小企業に飛び込んで、頭の中が「?」だらけになった人にはお勧めの本だと思います。
ちなみに、私はどのタイプかと白状しますと、実はこれまでの15年の間に5つのタイプ、全部経験しています。そしてどれも現在進行形ともいえかもしれません(笑)
ということで、『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』は、中小企業の経営幹部の皆さんにぜひお勧めしたいです。

うちの社長は、なぜ「ああ」なのか
石原 明
サンマーク出版
売り上げランキング: 128

うちの社長は、なぜ「ああ」なのか」への6件のフィードバック

  1. I simply want to say I’m new to weblog and really loved you’re web page. More than likely I’m want to bookmark your blog post . You actually come with exceptional well written articles. Thanks for sharing with us your website.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です