靖国神社のお花見はちょっと「せつない」感じ

開花宣言から数日。
千代田さくら祭りで、靖国神社境内にも屋台が出た初日の今日、有志&春休みの子どもたちを連れて靖国神社にお花見ランチに出かけました。
九段下の方は桜が咲いているという情報もあったのですが、靖国神社の桜は残念ながら三分咲きが数本といった感じで、人も例年に比べるとかなり少なかったです。


お昼過ぎの時間にもかかわらず、屋台の一部は「準備中」・・・。
とはいえ、ガラガラのテーブル席に陣取ってみたところ、さっそく屋台のおじさんが注文を取りに来てくれて、焼きそばとたこ焼きがすぐに出てきました。
「焼き鳥、たべたいよね〜」ってちょっと話をすると、すぐに追加オーダー。なんか、完全にロックオンされている感じ(苦笑)
子どもたちに、他の屋台のメニューを偵察に行かせるんだけど、私たちは監視されているようで動きにくい雰囲気なんです。
桜もほとんどなくて、テーブルに縛られて、ビミョーな感じのお花見。
一緒にいった男の子のお気に入りの言葉が「せつない」というワードだったようなのですが、まさに「せつない」お花見となりました。
来週はリベンジのお花見しなくちゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です