本田宗一郎と藤沢武夫

やりたいことをやれ
松明(たいまつ)は自分の手で
本田宗一郎氏の「やりたいことをやれ」、そして藤沢武夫氏の「松明(たいまつ)は自分の手で」の2冊を続けて読む機会がありました。


実は、2冊とも、別々の役員から勧められて読んだのです。
この二人についてほとんど知らなかった私ですが、一つの会社の二人の経営者が語った言葉から、会社の強さを改めて感じます。
経営者にとって信頼できる右腕はほんとうに大事です。
とくに1人で会社を立ち上げた創業社長は、事業に対する熱い思いと同時に、思い込みも激しい。決断したら早いけど、自分と同じスピードを周囲にも求めるし、協調性も少ない・・・と書きながら、自分で辛くなってきます・・・(苦笑)
そんな起業家にとって、本田宗一郎氏と藤沢武夫氏のコンビというのは、あこがれではないでしょうか。
自分ができることに没頭できる環境を作ること。その一番難しい仕事に成功すれば、道は拓けるのかもしれません。
会社の規模が変わっても変わらない役割。そして会社の規模によって、自分で変えて行かなければならない役割もあるということ。見えているつもりで見えてないもの。その見えていないものを、気付かせてくれる。あるいは気付かないようにしてくれる。
そういったパートナーや経営チームを作るというのは、経営者の大きな命題ですね。
「ホンダ」という一つの作品を振り返ると、二人がそれぞれにいかに優れた経営者だったのかがうかがえます。

やりたいことをやれ
やりたいことをやれ

posted with amazlet at 09.05.31
本田 宗一郎
PHP研究所
売り上げランキング: 29742
松明(たいまつ)は自分の手で
藤沢 武夫
PHP研究所
売り上げランキング: 5623

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です