ガズーバ!

ガズーバ!―奈落と絶頂のシリコンバレー創業記 (Impress business books)
このところ大橋禅太郎ワールドにはまっている私ですが、やっと『ガズーバ!―奈落と絶頂のシリコンバレー創業記 (Impress business books)』を読みました!!!


これを読まずしてネットビジネスをやっていたことを深く反省・・・。
90年代からインターネットに関わっていたつもりでしたが、当時、アメリカでまさにインターネットの創世期をリアルタイムで体験し、自分自身で事業を起こした人の話をどうして今まで知らなかったのか、不思議な感じです。
そして、周りに『ガズーバ!』を読んでいる人が少ないこともびっくり。2000年8 月が初版だから、ITバブル崩壊ということでタイミングが悪かったのかしら?
でも、今読んでも、米国のベンチャー環境を知るということでも、そしてベンチャースピリットをもう一度取り戻すということでもすごく意味のある本だと思います。
内容は、大橋さんが米国でインターネットの黎明期にいろんな人と出会い、自分自身で「ガズーバ」を立ち上げたという話。
.tvドメインの売買交渉やマイルの仲介をするマイルネットの立ち上げ、そして事業売却・・・いまでこそ当たり前になっている「ストックオプション」や「事業売却」「バリュエーション」などなど、日本でやっと広まってきた言葉についても、2000年当時の米国での考え方ややり方が説明されていて参考になります。
本文中には起業家の特徴もいろいろ紹介されていますが、個人的に大きく共感したのは「
Belief without evidence 確証なしに信じる」ということ。今あるものをやっても仕方ないですからね。
それから第9章の「シリコンバレーベンチャービジネス」は、起業家や起業を考えている人は、まず読んでおくべき。日本の現状しかしらないと、目から鱗の話もたくさん!個人補償を求める時点でVCとしてはダメだということ。事業を起こすリスク以外に、個人でリスクを負うなんて、考えられないと書いてあります。早くそういう環境が日本に出来ないかと切望します。
とにかく!ネットでビジネスをやっている人は、いま読みかけの本をすべてストップして、この『ガズーバ!』を読むべきです!!新しいビジネスにチャレンジするときの、どきどきワクワク、そしてビジネスへの想い、チャレンジ精神・・・すべてがこの本の中にあります。
ベンチャー経営をしているといろんなことがあります。さらにこの空前の不況・・・。
でも、そんな周りの雰囲気に惑わされずに、熱い思いをもう一回手に入れた、そんな爽快感がこの本にはありました。この本を書いてくれてありがとう>大橋さん!

ガズーバ!―奈落と絶頂のシリコンバレー創業記 (Impress business books)
大橋 禅太郎
インプレス
売り上げランキング: 174494

ガズーバ!」への4件のフィードバック

  1. 日良い!私は、これはちょっとオフトピックです知っているが、私は私のコメントフォームのCAPTCHAプラグインを見つけることができる場所を知っていれば私は不思議でしたか?私はあなたと同じブログプラットフォームを使用していると私はものを見つけるのに苦労している?どうもありがとう!

  2. 私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ???PR???????????&????????? : minako’s blog : ????! . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。

  3. 私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ???PR???????????&????????? : minako’s blog : ????! . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です