父の一言

「目立ったら、エスタブリッシュメントに叩かれる」なんてことは、今やこの日本の常識。
ベンチャー経営者なら、いつだって気をつけています。
で、この言葉を言ったのは、実は私の父。
私に・・・ではなくて、自分自身について言ったのですからびっくりしました。


「お父さん!お父さんは私からみるとエスタブリッシュメントの側にいる人だよ(爆)」
父は、祖父が亡くなってから仕事一筋の人です。すでに弟が家業を継いでいるのですが、父のメディア嫌いは相変わらず。その理由ははっきりしています。つまり、「目立ったら、エスタブリッシュメントに叩かれる」から。
以前、私が雑誌で紹介されていたのを見て「ちゃらちゃらするな!」ってしかられました(苦笑)
実業を粛々とやるだけ。そんな父だからこそ、ここまで事業が成長したんだろうなぁと改めて感じます。

父の一言」への1件のフィードバック

  1. 次々に新しい手法に取り組む熱意と工夫が呼んだ成果/Z会の場合

    ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ
    受験生やその保護者をはじめ、絶大なる認知をもつZ会。しかし、いまの若い人たちにとってZ会といえば「…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です