Le Web ’09〜Real Time Web その2

Le Webでは、一参加者として、とっても楽しく過ごすことができました。
その理由は、イベント主宰者の参加者への細やかな配慮の数々。
これからのイベントを企画するのにとても参考になったので、会場の様子をレポートします。


イベントに参加する前の一番の不安は、バッテリー。
終日イベント会場にいるわけですから、バッテリーの不安、そしてネットワーク環境が気になります。
ところが、Le Webは、そんな心配とは無縁のイベントだったんです!
会場の一般席にも、十分な電源を確保してくれていました!
CIMG3232CIMG3230
写真でおわかりでしょうか?3列おきに電源を配線しているのです。
さらに、無線LANだけでなく、LANケーブルも配線してあります。
CIMG3241
今回で6回目の開催となるLe Webですが、誰が参加しているか、そして、そこでどういう行動をするのかをしっかり把握しているからこそ、できることだと思います。
日本で開催されるイベントでも、ぜひぜひこういった点を参考にしていただければと思います。
エントランスには、スーツケースや荷物を預けるコーナーとクロークも。こちらのオペレーションも非常によかったです。
ドリンクのスポンサーにはNESPRESSO 。
朝もランチタイムもちゃんとペストリーやスナックがつまめるのでこちらも安心(笑)。
運営サイドの細かい配慮と、参加者のニーズにしっかり答えるホスピタリティに大満足です。
CIMG3239CIMG3256
それから全体の時間配分もよかったと思います。
パネル以外のプレゼンテーションは1社25分。とってもテンポがよかったです。
原稿を棒読みだと大ブーイング。
しかもtwitter上でリアルタイムに批判されてしまうので、登壇者の方の緊張感も高いと思います。
プレゼンの資料も、最近の流れを汲んでビジュアル一点のものも多く、プレゼンターのプレゼン能力がほんとうに問われるなと感じました。
CIMG3205
CIMG3190
CIMG3211
プレゼンはもちろん、運営側のレベルもとっても高いイベントに参加することで気付くことってたくさんありますね。
参加者に「また、次回も参加したい」と思わせるには、内容はもちろん、環境もとっても大事ですね!
最後に、一緒に行った@nseki。おかげさまで、楽しいパリ滞在でした。ありがとうございました!
CIMG3253

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です