2010年の初釜@京都

昨年に続き、お家元での初釜に参加させていただきました。
多分、参加者の中で私が最年少なので、諸先輩方にくっついて、末席の方に・・・(笑)
前回は、私自身が緊張していて、さらにくじで一等の「福」をビギナーズラックで当ててしまったこともあり、記憶はほとんどないのですが(苦笑)、今年は少し余裕を持って楽しむことができました。


お薄席、お濃い茶席、そして会席。
特にお濃い茶席ではお家元が参列者全員のお濃い茶をお練りになります。お家元のお点前を拝見できるという貴重な機会ということもあり、ろうそくの明かりの中、すごい緊張感のある静寂の時間でした。
そうそう、次回のためにメモをしておくと、まず、受付で毛筆で名前を書かなければなりません。普段筆ペンばかりなので、勝手が違って戸惑いますね。たまには筆も使わなきゃ。
それから、日本酒を飲み過ぎないこと。緊張の糸が解けて、ついつい進められるままに頂いてしまいますが、これは要注意ですね。着物で東京まで戻る新幹線の中で、ペットボトルでラッパ飲みはいただけません。みっともないです。気をつけます(汗)
祖母も足が悪くなる前は、毎年初釜に参加していたので、いろんな方から祖母のことを聞かれました。祖母や叔母たちが長年に渡って築いてきた信頼関係を壊すことのないように、心して精進したいと思います。
今年も、お稽古がんばります。
100112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です