パンセの会議

パンセの会議体も決まり、いよいよ定例ミーティングなどが稼動しはじめました。
新しい会社。新しい環境。新しいルール。新しい挑戦です。
私自身にとって3社目となるパンセは、いろんな意味で、覚悟が違います。
これまでの17年に渡る試行錯誤の末に挑戦する会社ですから、そりゃそうです(笑)


会社は仕事がなければなりません。
仕事は、人がやります。
人が働くためにはマネジメントが必要です。
カプス時代の私は、現場の仕事とマネジメントのどちらも手探り状態でした。現場のスタッフはどれだけ私に振り回されたことだろうかと、今更ながら申し訳なく思います。
カプスを経て、ニューズ・ツー・ユーでは、受託制作の企業文化から、自分たちでサービスを作り、提案していくというサービス業への転換に挑戦しました。事業統合からサービス業への転換も、悩みながらのことでした。
経営判断はできても、現場の変化、現場での決断については、私は遅かったと反省しています。
こういった経験をふまえて挑戦しているのがパンセです。
マネジメントが安定していれば、スタッフは現場に注力できます。
カプスとニューズ・ツー・ユーで時間をかけて作ってきた仕組みやルールをそのまま活用し、マネジメントでぶれることがないのが、パンセの最初の強みになると思っています。
これからいろんなつまずきもあるとは思いますが、自分を信じて、スタッフを信じてがんばります!
ウェブ関連の提案や制作、もちろんレゾンと連携してアクセス解析やアセスメント、ソーシャルメディアの施策もご提案します。
どんな会社か気になったら、自社サイトは現在、鋭意製作中ですので、(苦笑)ニューズ・ツー・ユのコーポレートサイトからお問い合わせ下さいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です