ホンモノに会いたい

同世代の友人たちとのとてもdeepな夜。
彼らが、プロフェッショナルでい続けるために、いまもどれほどの努力をしているか、改めて気がつきました。
10年以上第一線で活躍し続けることは簡単ではありません。


継続して、一定以上のクオリティのアウトプットをし続けることが出来る人は、ちゃんと努力をし、経験をし、信用を積み重ねてきているものです。
私自身を振り返って考えてみても、山もあれば、谷もありました。実力以上に注目されることもあったりしました。
それらを時間をかけて、自分の実力とし、やっとプロとして仕事が出来るようになる・・・。そんな気がしています。
そんな私たちの「いま」の関心は、未来の「ホンモノ」を育てることなのかもしれません。
そのための時間を惜しまない自分でいたい、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です