「紫の牛」を売れ!

「紫の牛」を売れ!
すっかりセス・ゴーディンweekとなっていますが(笑)、今度は『「「紫の牛」を売れ!』を読みました。


マスメディアの時代の次のマーケティングについて語った本書。
マーケティングの5P(4Pだと思っていたんだけど、いつから5Pになったのかしら?)に、もう一つ追加しなければならない。それが「Purple Cow =紫の牛」ということで、紫の牛について、解説した本。
もはやマーケッターは従来のやりかたでは通用しないということを、延々と解説しています。日本語版は2004年刊だから、ちょっと古い感はあるかもしれませんが、企業内のマーケッターに必要な視点が説明されているという点でいうと、未読の方は、読んだ方がいいと思います。
さくっと読める章立てでおすすめですよ。
それにしても、「紫の牛」の持つ意味が、ちゃんと伝わっていないから、読むのが今頃になっちゃったのは残念。邦題って難しいですね・・・。

「紫の牛」を売れ!
「紫の牛」を売れ!

posted with amazlet at 10.02.10
セス・ゴーディン
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 98808

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です