ロンドンでの大失敗の話

この年齢になって、無理がきかなくなったなぁと感じるのは,ちょっとした気のゆるみですぐに体調をくずしてしまうこと。
今回もまさに、ロンドンでのイベントが終了したタイミングでの体調不良。


若干、強引ですが(苦笑)、体調不良だと、普段はちゃんとできることができなくなったりしませんか?
実はロンドンの後は、スイスにいる息子と週末を過ごす予定で、イベント翌日のフライトを手配していました。正確には、弟に手配してもらっていたのですが、なんと空港を間違えるという大失敗をしてしまいました。
弟曰く、前日にちゃんと”ロンドン・シティ・エアターミナルだって言った”とのことですが、もちろん記憶にございません(苦笑)
ヒースロー空港に到着してチェックインカウンターで、便がない→空港間違えに気づいたときの気分といったら・・・(汗×3)
弟に電話をしたところ、スイス航空の次の便に振り替えてもらってとの指示。言われるがままにカウンターに行ったところ19時発の便まで満席とのこと。
いや、もう荷物もたくさんあるし、疲れているし、このまま帰国したいよ〜〜〜という弱音が出てしまう私に、今度は、ブリティッシュ航空に空席があるのを確認したから、スイス航空のチケットは捨てて、ターミナル5に移動してチケットを買え、と。
さすが世界1週を年に3回しているジェットセッターな弟です。頼りになります。(苦笑)
これで無事に、予定よりも20分遅れの便に乗って、ジュネーブにたどり着いたのでした。もちろん、空港では弟が待っていてくれましたよ。頼りになるなぁ〜〜〜(笑)
体調が戻って改めて思うのですが、このシチュエーションで、元気だったら、自分でも代替案としてすぐに浮かんで対応でいたはずなんですが(実際に過去に似たような経験もありますし・汗)、体調が悪いと自分でも信じられないくらい思考停止してしまうものだと感じた次第です。
大変お恥ずかしい話ですが、失敗も共有・・・ということで、ブログに残しておきます。
みなさん、成田/羽田はもちろん、海外での空港の間違いにはお気つけてくださいね(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です