ミーティング@シンガポール

今回のシンガポール滞在は、船の契約に、インド人船主のシンガポールオフィスを訪問しました。


調印式は、可動式のガラスの壁をあけて、大勢のスタッフが見守る中での調印式。調印後には、スタッフの皆さんも一緒に、シャンパンで乾杯。
一代で事業を成功させた経営者の細やかな心配りやスタッフへの対応を直接見て、また会社の雰囲気に触れることができました。
image
テレビ会議システムで有名なV-Cubeのオフィスにもお邪魔しました。
世界展開を加速している社長は、海外出張が多く、自社サービスを使って、世界中どこからでもミーティングができるため(笑)このオフィスにいるのは月数日とのこと。スタッフの国籍は、フィリピンやインドを含めて10カ国にものぼるそうです。
image
そして、シンガポールといえば、昨年、Tsuneishi Heavy Industries (CEBU), Incを媒体で取り上げていただいたNIKKEI ASIAN REVIEW」編集長の小柳さんもいらっしゃいます。東京はもちろん、海外を飛び回っている彼が、ちょうどシンガポールにいたので、パーティに顔を出していただきました。
image
今回はイベントの準備もあったり、想定外の緊急対応(!)もあったりで、タイトなスケジュールになってしまいました。シンガポールには、たくさんの友人もいますが、みんな東南アジアを飛び回っているようで刺激になります。
次回出張は、もう少し時間に余裕をもって訪れたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です