シンガポール グルメ 2015 March

昼&夜の予定から埋まっていったシンガポールのスケジュール。
みなさんにアレンジしていただき、久しぶりのシンガポールの食事を楽しみました。


・GARIBALDI
image
image
ラッフルズホテルから徒歩5分程度のところにある、シンガポールで最もおいしいイタリアンの一つと言われているのが「GARIBALDI」。前菜でいただいたカプレーゼは絶品!お料理も東京で食べているのと変わらないクオリティでした!
・LUKE’S OYSTER BAR| CHOP HOUSE
image
image
オーチャードロードのロビンソンズにある「LUKE’S OYSTER BAR| CHOP HOUSE」は、牡蠣とお肉を楽しめるお店。デパートの中にあるので場所がちょっとわかりづらかったですが、おしゃれな雰囲気、そしてなによりもサービスのクオリティが高かったです。
・KU DÉ TA
image
image
マリナベイサンズ57Fにある「KU DÉ TA」は、なんといっても眺めが最高。チャイニーズニューイヤーのスペシャルメニューをペアリングでいただきました。シンガポール湾の船を見ながら、およそ女子の会話とは思えないような船のサイズや船種について話が弾みました(笑)もちろん食事もおいしかったです〜
・FLUTES
image
image
image
シンガポール最後の夜に行ったのは、National Museumのなかにあるカジュアルフレンチの「FLUTES」。コロニアル調の立派な建物の中にあるお洒落な空間。一皿一皿が目にも楽しいお料理で、女子好み(笑)デザートもほんとうにおいしかったです。
・BLUE GINGER
image
image
image
シンガポールでも有名なニョニャ料理を出す「BLUE GINGER」。大きなお魚の蒸し焼きも二人できれいに食べちゃえるくらいおいしかったです。
ネタとして選んだドリアンと小豆のかき氷(?)はにおいも、色も、味も、インパクトがありました(笑)
・HAN
和食が恋しくなるころのランチに行ったのが、ラッフルズホテルすぐそばの和食屋さん「HAN」。カツ丼やカレーなどのランチメニューの中でも、出汁がおいしいおうどんに癒されました。
・BURNT ENDS
長いカウンターテーブルでいただくグリルのお店。ニューヨークに有るようなお洒落な雰囲気で、次回、シンガポールに来たときには、予約を取って行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です