はじめての「サンライズ瀬戸・出雲」

週3回移動が普通になりつつある広島出張。
最近は、広島で「お帰りなさい」と言われることも増えてきました(苦笑)
広島までの移動、これまでは、新幹線、飛行機だけだったのですが、今回は東京での夜のアポを終えたあと、「サンライズ瀬戸・出雲」での移動に初めてチャレンジしてみました。
・寝台列車 サンライズ瀬戸・出雲 285系(from JRおでかけネット)
image


人気の列車らしく、1ヶ月前に予約をしなければ取れないとか。
今回はシングルでラックスを選択。
22時に東京駅を出発して、翌朝6時27分に到着。そこから、新幹線で福山に移動して、8時の始業に間に合わせる、というコースなのですが、どこかで人身事故があったようで30分以上遅れての到着。目が覚めたときは、姫路の手前で、8時30分スタートの会議に滑り込みセーフ(汗×3)
「サンライズ出雲」てっきり食堂車とかあると思っていたのですが、自販機のみしかないということで、一度荷物を入れてから、あわててホームのコンビニで飲み物などを購入。
洗面台が部屋についているのはいいのですが、シャワールームはコミュニケーションエリアの近くなので、行きにくいですね。でも、飛行機に比べればプライバシーは高いです!
image
image
それから、部屋についているアメニティが男性用だけなのにも、驚きました。ユーザーが偏っているんでしょうね〜〜(苦笑)
でも、ハンドタオルも寝間着もあるのも安心♪
image
思った以上に揺れて、ちょっと眠りが浅くなってしまいましたが、東京–福山間の新しいルートとして、また活用したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です