Facebook のLegacy Account機能が日本でも対応

私は、中学生から70歳まで(!)、親族のソーシャルメディアのアカウント取得から教育とサポートまでを担当しています(笑)
はじめるのは簡単ですが、”終わり”方にいろいろ課題があるソーシャルメディア。
アカウント乗っ取りの問題はもちろん、アカウント閉鎖が面倒だったり、複数アカウントを放置していたり・・・。同時に、自分が死んだあと、これらの情報がどうなるか、というのも気になります。


そんな心配を一つ解決してくれるのが、Facebookのアカウント管理人を指定できる機能「Legacy Account」。これが日本でも利用できるようになったそうです。
・Facebookでユーザーの死後にアカウント管理人を指定できる機能、日本でも利用可能に(from ITmediaニュース 2015.05.12)

こちらも参考になります。
・自分が死んだら、ネット上の情報やアカウントはどうなるんだろう?(webクリエーターボックス 2015.05.11)

とはいえ、大人たちがFacebookをやり始めると、それをさけるように(苦笑)、10代の子どもたちは、次から次に新しいものを試すので、こちらも追いかけるのが大変です。
何事も、始まりがあれば、終わりもあります。
自分が死んだときのことも考えて、ソーシャルメディアを活用したいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です